百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
サハラマラソン ナミビア編 9
大会も最終日。

今日はスタートが1時間遅いのに、なぜか早く目がさめた。

今回は大会前から足の調子が悪かったので、抑え気味にスタートしたが、
徐々にペースもあがり、いい感じで最終日を迎えることができた。
少しホッとしている。

最終日はみんなの笑顔がスタート前から始めます。
やっと終われる嬉しさと、もう終わってしまう悲しさがあります。

何はともあれ今日で最後。
たった10キロ、全力で走ります。

スタート超後は海沿いを走りましたが、すぐに内陸に向きを変えて走り出します。
ナミビア7日目  (1)
ナミビア7日目  (2)
ナミビア7日目  (3)

砂漠の中をひたすら走るだけ、そんな生活ももう最後。
なんだか少し寂しいですね、やっぱり。
ナミビア7日目  (4)
ナミビア7日目  (5)

しばらく走ると、3〜4キロ先にゴールが見えた。
ナミビア7日目  (6)
ナミビア7日目  (7)
ナミビア7日目  (8)

やっぱりゴールが見えると、無性に早くゴールがしたくなって走ってしまった。
ナミビア7日目  (9)

そしてゴ〜〜ル!!

今回は比較的楽で、足の豆も小さなのが2個だけ、
爪もみんな元気です。

ゴール後はいつものピザではなくて、フィッシュ&チップス。
ナミビア7日目  (10)
たまにはこれもいいですね。

ゴールしたら、一緒に走った仲間たちと記念撮影です。
ナミビア7日目  (11)
ナミビア7日目  (13)
ナミビア7日目  (14)
ナミビア7日目  (15)
ナミビア7日目  (16)
ナミビア7日目  (18)
今回もいろいろな交流がありました。

またみんなで出ましょうね。
ナミビア7日目  (18)
ナミビア7日目  (19)
完走するとまた次が走りたくなる。
それがこの大会4デザートシリーズのいいところですね。

みなさんお疲れ様でした。




マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
サハラマラソン ナミビア編 8
今日は休息日。

みんな思い思いに過ごします。
ナミビア6日目  (2)


今回はロングデイのコースが優しく、しかも短かかったので、
完走者がたくさんいます。
過去最高の完走率になりそうです。

ここは海沿いなので、朝晩はやっぱり冷えますね。
ナミビア6日目  (6)
ナミビア7日目  (1)
ナミビア7日目  (2)
ナミビア6日目  (4)


みんな焚き火の周りに集まって、団欒しています。
ナミビア6日目  (1)
ナミビア6日目  (3)


遠くの方にジャッカルが二匹見えました。

人が沢山いるので、物珍しさに集まってきたのかな?

今日は早めに寝て、明日の最終日に頑張ります。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/

マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
サハラマラソン ナミビア編 7
さてレースも終盤のロングデイ。
今日を頑張れば明日はお休みです。

距離は77キロの予定。
何とか今日の夜中12時までにはゴールしたいですね。

みんな気合を入れてスタートです。
Nmibia 5日目  (2)


僕は昨日早めに到着し、休養もとれたので、少し飛ばし気味にスタートします。
細かいアップダウンのあるダートを10km、歩かずに走り切ります。
Nmibia 5日目  (5)Nmibia 5日目  (4)


気持ちよく走れました。
CP1に到着すると、女子のトップ争いをしている選手と一緒になります。
Nmibia 5日目  (6)
なんと順位は22位。
200人以上走っているので、この順位は少し飛ばしすぎですね。

ここからは僕の苦手な川底のガレ場が続きます。

転倒しないように慎重に進みます。
Nmibia 5日目  (7)

時々あるソフトサンドが、見た目以上に走りにくかったです。
実は僕の身長は177センチ、でも足のサイズは正味26cmありません。
足が小さい分、砂にはよく沈むし、ガレ場では足をよく取られます。

Nmibia 5日目  (11)
Nmibia 5日目  (10)
Nmibia 5日目  (8)
Nmibia 5日目  (9)

CP2に到着する頃には、少し順位も落ち着いてきました。
気温も上がって暑くなってきました。
Nmibia 5日目  (12)

CP2以降は周囲が砂漠らしい風景に変わってきました。
Nmibia 5日目  (13)

大きな砂丘があり、その砂丘を登って稜線を走ります。
しばらく砂丘の写真を見てくださいね。
Nmibia 5日目  (14)
Nmibia 5日目  (15)
Nmibia 5日目  (16)
Nmibia 5日目  (17)
Nmibia 5日目  (18)
Nmibia 5日目  (19)
Nmibia 5日目  (29)
Nmibia 5日目  (28)
Nmibia 5日目  (27)
Nmibia 5日目  (26)
Nmibia 5日目  (25)
Nmibia 5日目  (24)
Nmibia 5日目  (23)
Nmibia 5日目  (22)
Nmibia 5日目  (21)
Nmibia 5日目  (20)
左手には広く平らなガレ場、右手にはどこまでも続く砂丘が見えます。
普通の砂漠で観ることができない、不思議な光景です。
またガレ場の所々が赤いガレ場があります。
後で聞いたのですが実はこれガーネットの原石だそうです。
早く言ってよ〜。


大きな砂丘の稜線を4kmほど進むとCP3がありました。
砂丘の下まで一気に走ります。
Nmibia 5日目  (30)
Nmibia 5日目  (32)
Nmibia 5日目  (33)
Nmibia 5日目  (34)
Nmibia 5日目  (35)
ここで15分ほど小休止しました。

さてここからは海に向かって小さなガレ場が永遠に続きます。Nmibia 5日目  (36)

時々小さな砂丘を登ります。
Nmibia 5日目  (37)

空は雨が降り出しそうな天気で、暑すぎず走りやすかったですね。
Nmibia 5日目  (38)

10キロほど走って海沿いのCP4に到着しました。
Nmibia 5日目  (39)
Nmibia 5日目  (40)

風が強くて寒く感じます。
ここからはまたスケルトンコーストの海沿いを走ります。
Nmibia 5日目  (42)

ときより釣りをしている人を見かけます。
Nmibia 5日目  (43)
海は風の影響で荒れています。
Nmibia 5日目  (44)
ひたすら海沿いを進みます。Nmibia 5日目  (45)
11キロほどでCP5に出ました。
Nmibia 5日目  (46)

あたりは少し暗くなってきました。
雲の多いせいでしょうか?
コースは基本的にはダートですが、時折ビックするほど急な崖を登ります。Nmibia 5日目  (47)
Nmibia 5日目  (49)
Nmibia 5日目  (50)

潮溜まり?なのか、水が溜まっている場所もあります。
滑ったら大変です。まず這い上がって来れません。
Nmibia 5日目  (51)
CP6に着いた頃、あたりは薄暗くなっており、先を急ぎました。
Nmibia 5日目  (52)Nmibia 5日目  (53)

そしてCP7に到着した時には、あたりは真っ暗で雨も降っています。
Nmibia 5日目  (54)

ここからは真っ暗な海岸線を進むはずです。
でもなぜかこの海岸線が、常に上り坂に見えます。
目の錯覚なのか疲れているのか?
とっても不思議な現象でした。

それに海の方で緑色に光る目がいくつもありました。
アザラシの群れかと思っていたら、アザラシの死肉に群がるジャッカルの群れでした。
ジャッカルは犬のシェパードくらいの大きさのイヌ科の猛獣です。
滅多に人は襲いません、滅多にね・・・。

そして夜9時にゴールに到着。
予定よりも3時間も早いゴールでした。
Nmibia 5日目  (55)

それもそのはず、コースが7キロも短くなってました。
理由はわかりません。

なにはともあれ、無事にロングステージ終了です。
ゆっくり休んで、最終日に備えます。


http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

















サハラマラソン ナミビア編 6
レースも4日目です。

今日も単調なコースなので、
いつもと趣向を変えて、今日はランナーの表情やボランティア、砂漠の生き物を少しお見せします。

まずはスタート前。
朝日が昇る前から、みんな準備にかかります。
ナミビア4日目  (2)
ナミビア4日目  (1)

僕はいつもスタートの2時間前に起床です。

中には45分前まで寝ているランナーもいますが、そうした人は着替えもなく、
荷物も軽装のランナーです。

今日も長い一日の始まりですが、なぜかみんな楽しそうです。
ナミビア4日目  (3)
ナミビア4日目  (4)

スタートの合図で、みんな一斉に走り出します。
朝はみんな元気です。
ナミビア4日目  (5)

表情も明るいですね。
ナミビア4日目  (6)
ナミビア4日目  (7)
ナミビア4日目  (8)

コースは比較的単調です。
CP1~2までは緩やかな上り坂です。
ナミビア4日目  (9)
ナミビア4日目  (10)
ナミビア4日目  (11)
ナミビア4日目  (12)
でも西部劇に出てきそうな砂漠が続きます。
ナミビア4日目  (13)
ナミビア4日目  (14)
遠くの山が浮いて見えます。
蜃気楼に近いですね。

チェックポイント(CP)はいつも、どこでもこのスタイルです。
ナミビア4日目  (15)

小さなゲイトが設けられて、、白い屋根のテントを張ります。
その下にはビニールのシートが引かれ、小さな椅子が並べられます。
みんなそこで腰を下ろし、荷物を置いて、給水したり食事をとったりします。
中には給水だけ済ませて、足早に先を急ぐランナーもいます。
たまに日本人のボランティアスタッフがいます。
こういう場所で日本語を聞くと、なんだかすごく新鮮に感じます。
ナミビア4日目  (20)
ナミビア4日目  (16)
ナミビア4日目  (28)
このCPは三つとも違うCPですが、つくりは同じです。
こうしたテントやCPで使う水やごみ箱、またランナーが残していったごみの管理までします。
ランナーがスタートする前に、それぞれのポイントまで行って準備をします。
僕たちのスタートは朝8時、起床は6時くらいですが、スタッフは4時くらいから起きて
真っ暗な中で準備をしてキャンプ地を後にするそうです。
本当に大変ですね。
ここでのボランティアは、日本とは違い本当にボランティアです。
世界中からボランティアが集まってきますが、現地までの交通費、個々の食費などはすべて自腹です。
中には数十万円もかっけてボランティアに来る人もいます。
もらえる物は、お揃いのTシャツだけです。
それもランナーとボランティアの区別をするために必要だからです。
日本のマラソン大会とは大違いですね。


今は砂漠を走っています。
砂漠とは言え、やはりそこには生き物の存在があります。
ナミビア4日目  (18)
ナミビア4日目  (17)
ナミビア4日目  (19)

こうした植物や昆虫、トカゲの類は、ほとんどどこの砂漠でも存在します。
実にたくましく、ユニークに生活しています。
人間が弱っちく感じます。ナミビア4日目  (21)

前回もお話しした、この植物”奇想天外”は、この砂漠では非常に長寿で大きさ生物です。
ナミビア4日目  (22)

よく見てみるとそこにはたくさんの昆虫が生活しています。
ナミビア4日目  (23)
ナミビア4日目  (24)
ナミビア4日目  (25)
彼らにとっては十分な大きさの家ですね。

同じテントメイトのアレックスです。
動画を取りながら走ってました。
ナミビア4日目  (26)
ナミビア4日目  (27)

またシンガポールから参加の彼女は、マラソン大会にもほとんど出たことがないのに
いきなりの参加です。
でも常に僕と同じ順位を走っていて、すごく強かったです。
ナミビア4日目  (30)


今日のコースは簡単だったので、予定よりも1時間ほど早く到着しました。
ナミビア4日目  (29)

ナミビア4日目  (31)
ナミビア4日目  (32)

少しだけ長めに休息できます。
ナミビア4日目  (33)
今日は大会側からジュースの差し入れがありました。
こういう場所で飲むジュースは最高ですね。
ナミビア4日目  (34)

夜になると現地スタッフの人が焚火の周りで、歌って踊って。
みんな楽しそうです。
ナミビア4日目  (35)
ナミビア4日目  (36)

この国やこの場所は、日本のように高度な電気機器はありません。
でもその分、みんなで声を掛け合って、楽しく夜を過ごしています。
人の生活は何が幸せで何が不幸なのか、考えてしまします。

日本にいると携帯電話が繋がらないだけで不安を感じたり、明かりがないだけで恐怖したりします。
日本では僕も毎日形態とテレビと車が必需品です。
それがなければ生きていけません。
でもここでは無いことが当たり前。
そんな生活を一週間も続けると、なんだか凄く気分がリラックスできて体や思考がリセットできます。
本当に必要なものが何なのか考えてしまいます。


さて明日も走ることだけ考えて、前に進んでいこう。



http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
















サハラマラソン ナミビア編 5
砂漠のレースも三日目です。
体もだいぶ慣れてきました。

朝晩はかなり寒く、気温は15℃くらい。
みんな焚火の周りで朝食をとってます。

それでも今日から内陸を走るので、気温の上昇が予想されます。

さて3日目のスタートです。
namibia3日目 (1)みんないいペースで進んでいきます。
namibia3日目 (2)

中にはこんなかわいいコスプレしているイギリス女性もいました。
namibia3日目 (3)

コースは登り基調。
干上がった川底を進んでいきます。
namibia3日目 (4)
namibia3日目 (5)
CP1が見えてきました。

水分を補給して先を急ぎます。
namibia3日目 (6)

景色も砂漠らしくなってきました。
namibia3日目 (7)
namibia3日目 (8)
 
暑さが徐々に強くなってきました。
気温は35℃を超えているでしょうか。
namibia3日目 (9)

ここはガレ場が多く走りにくい。
CP2に到着したころは、少しバテてました。
namibia3日目 (10)

ここからは乾いた大地が続きます。
これぞ砂漠の景色です。
namibia3日目 (11)
namibia3日目 (12)
namibia3日目 (13)
昨日までとは違い、内陸は天気が良く気温も高くなります。
40℃を超える勢いです。

遠く地平線が見えるような景色は、アフリカ大陸の大きさを垣間見ます。
namibia3日目 (15)
namibia3日目 (14)

ここには変わった植物が生えています。
namibia3日目 (16)

”奇想天外”と呼ばれる植物です。
裸子植物、グネツム網、グネツム目、ウェルウイッチア科、ウェルウイッチア属、ウェルウイッチアに分類される。
ナミブ砂漠の固有種である。
この大きさ、直径2mほどで、数十年~数百年生きているとされている、極めて珍しい植物です。

そんな植物と戯れながら、砂漠を進んでいくと、遠くにCP3が見えてきました。
namibia3日目 (17)

CP3に到着です。
namibia3日目 (19)
namibia3日目 (18)

ここまで暑くて結構バテました。

水分と栄養をしっかり補給し先を急ぎます。
namibia3日目 (22)
約7km先にゴールが見えます。
見えすぎるのも考え物です。
namibia3日目 (23)

ゴール直前、石原さんと新留さんに会いました。namibia3日目 (24)
二人とも僕よりも年上ですが、強いですね。

この日は結構苦労しました。

ゴールするとキャンプ地にヒンバ族が来ていました。
彼らは”世界一美しい民族”とも称される、独自の文化を持っている。
肌に赤土を塗り、髪の毛はその土で塗り固められる。
水を浴びる習慣がない彼らは、臭いは植物を炊いた煙を体に浴びることで消している。
また一夫多妻制であり、浮気がOKという、非常に変わった風習も持っている。
namibia3日目 (25)
namibia3日目 (26)
そんな民族も、今や文明との共存を余儀なくされており、
こうして民族のお土産で通過を得る生活も、一部では必要となっています。


キャンプ地では、今日も夕日がきれいでした。
namibia3日目 (27)
namibia3日目 (28)


そしてこんな珍客もテントにきましたよ。
大きなコガネムシです。
namibia3日目 (29)

さあ明日も頑張りましょう。


http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村








copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。