FC2ブログ
百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
◎ナミビア・ナミブ砂漠 250km
◎アルゼンチン・パタゴニア 250km
など、200km以上のウルトラマラソンに24回完走。

今年はモンゴルの250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (550)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (186)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (31)
自転車・バイク (0)
映画 (3)
ステージレース、グレートレース (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
グレートレース モンゴル 250km 完走記 7
レース7日目 ステージ5
昨日までの曇り空とは打って変わって、今日は朝から快晴です。

気持ちいい〜〜!

昨日休息したので少し体力が回復しました。

スタートの準備を進めていると、急に体育館が歓声に包まれた。
RIMG3790.jpg

何だ何だと思っていると、どうやら今日のコースの距離が短くなるようだ。
10kmほど短縮されて、30kmほどになった。
どうやら川が増水して渡れないらしい。

みんな準備をしたらバスで移動する。
30分ほど移動した。
バスを降りると草原が広がっていた。
RIMG3792.jpg
今日はここからスタートだ。

あっという間にスタートの合図があった。
みんな昨日休んだので、かなり足取りが軽い。
RIMG3797.jpg
RIMG3800.jpg
前の方はあっという間に草原の彼方に消えていった。

それにしても今日は雨上がりで、緑も空気も澄んでいて本当に綺麗です。
色鮮やかに景色が輝いて見えます。RIMG3803.jpg
小高い丘を登るのも、昨日とは違い気持ちがいいです。
RIMG3805.jpg
RIMG3810.jpg
CP1には昨日街で見かけた子供が、馬で応援に来てくれています。
ここら辺の人々の移動手段は、自転車ではなくて馬ですね。

CP1を越えると、小高い丘に木々が見えてきました。RIMG3812.jpg
この辺りは、冬には氷点下30〜40℃まで気温が下がります。
ですから大きな木々は、冬場には凍って割れてしまうので、育ちません。
この辺りは、そこまで寒くはならないのかもしれませんね。

ちなみに、モンゴルの首都ウランバートルも、冬には気温が氷点下40℃になることもあり、
カナダのオタワと並んで、世界で一番寒い首都に挙げられています。

途中遊牧民の羊の群れに、行くてを阻まれても、全く気になりません。
むしろ楽しく通り過ぎるのを待って入られます。
RIMG3816.jpg
ゲルの家族も大勢の外国人の応援に来てくれています。
RIMG3819.jpg
コースは徐々に山に入っていきます。RIMG3821.jpg
RIMG3824.jpg
小さな小川も流れています。
この辺りは水が豊富なのかもしれません。
RIMG3822.jpg

CP2に到着です。
元気に迎えてくれます。
RIMG3826.jpg

ここからは徐々に坂がきつくなってきます。
RIMG3831.jpg
かれこれ10kmほどは登りが続いています。
すると徐々に木々が多くなり守りに入っていきます。
RIMG3828.jpg
なんだかすごく爽やかで心地いいです。
守りも数kmで抜けるとそこからは草原のくだりが続きます。RIMG3832.jpg
RIMG3836.jpg
昨日休息したけれど、やっぱり足は疲れています。
くだりでは沢山のランナーに抜かれました。

途中馬が放牧?されています。
人が通っても逃げる気配がありません。
RIMG3838.jpg
緩やかなアップダウンんを繰り返していると
RIMG3843.jpg
大きな川が見えてきます。RIMG3845.jpg
そしてその向こうにキャンプ地が!RIMG3847.jpg
スタッフが立っていたので”泳ぐの”って聞いたら、
ボートだと答えてくれました。
どうやら昨日までは、腰までの深さで、川を渡る予定だったみたいですが、
あめで増水して、ボートに変更になったようです。
この辺りの臨機応変さが、この大会の人気なんですね。
RIMG3848.jpg
ボートは流れが速いので、ボランティアが必死に漕いでくれます。

そして無事にゴール。RIMG3857.jpg
距離が短く走りやすいコースだったので13時頃にゴールできました。

帰ってきたランナーは川で足を冷やしながら休んでいます。
RIMG3865.jpg
みんな早い到着でまったりしています。
RIMG3863.jpg
RIMG3867.jpg
RIMG3878.jpg
サイバーテントでメールのチェックをしました。
RIMG3868.jpg
大会中にいただいているメールは、こうしたテントで必ずチェックしています。
みなさんありがとう。

チームメンバーの一人田中さんが足の裏に大きなマメを作ってました。RIMG3874.jpg
一部感染して組織がエグれています。
こんな状態で一昨日のロングデイ、今日の30kmを走っています。
一歩ごとに足に激痛が走るだろうに、すごい精神力です。

今日は時間もあったので、みんなで記念撮影です。
戦隊風です(笑)
RIMG3898.jpg

そういえばここキャンプ地では色々な虫もいます。
RIMG3870.jpg

その一つがこれ。
チキチキ、ガチガチと大きな羽音を立てて飛ぶバッタがいます。
RIMG3861.jpg
イナゴの一種のようで、かなり大きな羽音がします。

川辺には大量のウスバカゲロウが飛んでいます。
RIMG3883.jpg
写真だとうまく撮れませんが、かなり幻想的な景色です。

それにタンポポは万国共通。
南極以外のすべての大陸で見かけます。
RIMG3884.jpg


夕方までコーヒーやお茶を飲みながら、異国の草原でまったり時間を過ごしました。
RIMG3899.jpg
RIMG3905.jpg

明日はいよいよ。
残り10kmです。
毎日走って、食べて、寝るだけの贅沢な時間も明日で終わりです。
寂しいような、ホッとしたような複雑な心境です。

明日がいい日でありますように。
RIMG3886.jpg


http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




















スポンサーサイト
グレートレース モンゴル 250km 完走記 8
レース最終日

いよいよ今日で最後です。

毎回そうなのですが、この終わる瞬間の、
ホッとしたような、それでいて無性に寂しくなるような感覚。
辛かったことも、苦しかったことも、怖かったこともすべて忘れて、
只々楽しかった思い出だけがの残る感覚は、
このレースがいかに素晴らしいものかを物語っているように思います。

さてレースはウェーブスタート。
昨日までの下位25人が1時間前にスタートします。

その後はみんなで一斉スタート。
でもその前に川を渡ります。

最後くらい気持ち良く走りたいと思い、
シューズと靴下脱いで準備していたら、早々にスタートの合図が鳴った。
僕はまだ、川を渡って濡れた足を拭いていたので、完全に出遅れました。
ダントツ最後尾からのスタートです。
RIMG3906.jpg

今日は最終日とあってみんなゆっくりスタート。
最年長の石原さん、人気者のスパイダーマン、
ダンシングクイーンの3人も揃って意気揚々と進んでいきます。
RIMG3907.jpg
RIMG3909.jpg

標高が高いこともあって、草原には低い雲がかかります。
RIMG3911.jpg

小高い丘を越えます。このレースで数々越えてきた丘もこれが最後です。
上に途中モニュメントがありました。
何をする物なのでしょうか?
RIMG3914.jpg
丘の上からは街が見えます。
ゴールの街です。
RIMG3915.jpg
モンゴルの街の中は静かです。
時折車が通りますが、人もまばらですね。RIMG3918.jpg
RIMG3917.jpg
残り3km、みんな元気が出てきます。
RIMG3924.jpg
遠くにゴールの遺跡が見えてきました。
残りは1kmちょっとです。RIMG3926.jpg
RIMG3928.jpg
苦しかったです。
辛かったです。
でも本当に楽しかったです。
この瞬間があるから、また次を申し込んでしまうのですね。
RIMG3938.jpg
チームのみんなも揃ってゴールします。
RIMG3941.jpg
1533410611Stage6_20180804-227.jpg
1533410611Stage6_20180804-229.jpg

みんな安堵と歓喜に包まれます。

どんなに痛くても、どんなに苦しくても
前に進んでいれば、必ずゴールにたどり着く。

下を向いてもいい。
泣いてもいい。
叫んでもいい。
でも諦めずに進めば、みんなが待っている。
それを実感できる瞬間です。
RIMG3941.jpg

ゴール後はピザやスイカでお祝いです。
久しぶりの人の料理が美味しく感じます。
RIMG3930.jpg
RIMG3932.jpg
地元の人が演奏で迎えてくれました。
RIMG3943.jpg

ひとしきりゴールを満喫してからバスに向かいます。
RIMG3944.jpg

バスに揺られて約6時間。
ホテルに着くと夕方からレセプションが始まります。
RIMG3951.jpg
RIMG3950.jpg
女子年代別優勝者には、Team 百花繚☆RUNの加藤選手が入りました。
国際レース初参加での快挙です。
RIMG3953.jpg
男子年代別優勝者
RIMG3957.jpg
チーム優勝者
RIMG3958.jpg
総合上位3選手、日本人が3人入っています。
RIMG3962.jpg
今回、日本人参加者は全員完走しました。
僕が参加した中では初めてのことです。

ゴールしたときにもらえる完走メダルです。
RIMG3965.jpg
いつも裏側に、参加者のサインをしてもらいます。
RIMG3966.jpg
みんなまた世界のどこかで会いましょう。

この様子は、来年1月のNHK BS1で放送予定です。
みなさんお楽しみに。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
















グレートレース モンゴル 250km 完走記 6
レース5日目、今日は休息日です。

昨日の激しい雨から一夜明けて、今朝はどんより曇り空。

完走できた全ての選手は、朝までに戻ってきていた。
雷に打たれたランナーや大会関係者もいなかったようで、
一安心です。

まだ乾ききっていない体で、朝ごはんを食べに行くと、
みんが急に、慌ただしく動き出した。

”キャンプ地を移動するみたい”

と話が出ている。
聞くとあと30分で移動のようだ。

慌ててテントに戻って、みんなに知らせる。

そこからは大慌て。
とにかく荷物をリュックに詰め込んで、ひたすら移動の準備です。
濡れた服を乾かす暇もありません。

そうこうしていると、あっと言う間に選手が集まってきます。
こういう時はみんな本当に早いです。

すでにバスが来ています。
いつの間に手配したのか、みんな20〜25人ずつ分かれて乗っていきます。

まだドロドロの草原をバスに揺られて小一時間。
ちょっとした町に着きました。
文明らしい建物をみたのは5日ぶりです。

町の体育館に到着してみんなで走っていきます。
テントごとにエリアが分けられています。

着くや否やみんなで洗濯と部屋干しです。
RIMG3746.jpg
バレーボールのネットも、物干しに早変わりです。
かなりの重さなので、壊れないか心配ですね。
RIMG3747.jpg

みんな雨の心配もなく、久しぶりにゆっくりと時間を過ごします。
そして今日は一緒に参加した岡本先生の誕生日。
みんなでケーキと首飾りでお祝いです。
RIMG3749.jpg

午後になっても外はどんより曇っています。
テントにいたらかなり寒かったのではないでしょうか?
助かりました。
RIMG3751.jpg
RIMG3752.jpg

この大会の主催者は、安全面に非常に気をくばります。
特に健康面には慎重になてますが、医療スタッフがもう少し健康面を配慮してくれると
助かるのですが。

夕方になると、先月町であったお祭りを再現してくれました。RIMG3753.jpg
RIMG3756.jpg
歌と踊りを披露してくれます。
踊りは、やもすると滑稽に見えますが、非常に足腰が強くないと踊れない、きっとかなりのトレーニングを積んだと思える動きが多い踊りです。
歌も低く唸るような、動物が威嚇しているような、言葉?よりも楽器の音に近い独特の低音で歌います。

他には弓を射る競技をしています。
50mほど離れた積み木に、当てていきます。
かなり本格的な感じです。RIMG3757.jpg
RIMG3772.jpg
RIMG3774.jpg
RIMG3776.jpg

またモンドル相撲を見せてくれました。
少年から大人まで、みんな非常にいい体、いい体格をしており、一見してパワーがあるのがわかります。
RIMG3764.jpg
RIMG3765.jpg

我らが三洲さんも飛び入り参加しましたが、
RIMG3767.jpgなんと秒殺されてました(笑)。
RIMG3768.jpg
モンドル相撲恐るべしです。
RIMG3777.jpg

でも写真を一緒に撮ってもらうと、みんな照れ臭そうにしています。
スレてない感じがいいですね。
RIMG3769.jpg
町の子供もたくさん集まった外国人をみに来ています。
RIMG3788.jpg


RIMG3779.jpg
いつもキャンプでお湯を沸かしたり、トイレをきれいにしてくれたり、テントの設営をしてくれている若者です。
数日すれば、みんな仲間意識が強くなります。

ゆっくりした時間を過ごして、少し体力が戻りました。
明日は43km予定。
頑張ります。
夕方にきれいな虹がかかるモンゴルの小さな町で、緩やかな時間を過ごせました。
RIMG3783.jpg
RIMG3786.jpg


http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






グレートレース モンゴル 250km 完走記 5
レース5日目 Stage4

今日はロングdayです。
距離はおよそ70km、長いです。

昨日の雨も止み、どんよりした曇り空みんな元気にスタートしていきます。
今回のレースは、比較的コースと天気に恵まれて、リタイヤ者も少なめでロングdayを迎えました。
RIMG3697.jpg

いつものように前半は草原の小高い丘のアップダウンが続きます。
RIMG3699.jpg

絹雨が降ったせいか少し寒いです。

長い一日なので、みんな少し自重気味に進みます。
僕も慌てず、前半はゆっくりペース。
最後尾からの出発です。
1533178943Stage4_20180801-284.jpg

チームの仲間も元気に歩いていますが、中には足に大きな豆を作って、
歩くのも大変なメンバーもいます。
RIMG3701.jpg
ダートの道をひたすら歩きます。
RIMG3702.jpg
RIMG3703.jpg
丘の上から見ると、周囲はガスが出ているように見えますが、
ここは標高が高いので、ほぼ雲の中のような感じです。
湿度が高いです。
RIMG3707.jpg

最初のチェックポイントでは、水分だけを補給します。
RIMG3708.jpg

かなり涼しいので多くは持ち歩きません。水分も重量の一部ですから。
1533179081Stage4_20180801-292.jpg

CP2まではひたすら草原を歩きます。
曇っているので気温も上がらず、湿度だけが高い中を歩いていきます。RIMG3709.jpg
RIMG3710.jpg
どこまでいっても草原です。
丘の上から見ても、周囲360°全て草原です。
こんな話を思い出しました。
むかしどこかの番組で、どこの国の人が一番目が良いか?
というのをやってました。
以前ブッシュマンが流行った頃(古すぎる!)、ニカウさんの視力が5.0だというのを聞いた事があります。
そういえばモンゴルの人も5.0は当たり前、中には7.0の人もいるとか!?
1km先から人の顔が識別できるそうです。
でもこんなに遠くばかり見ていて、しかも目に優しい緑が多いと、
確かに目が悪くなる要素がないように思います。

丘を越えていくとヤギが放牧されていました。RIMG3715.jpg
ここから台湾選手のオリ(Olli)と一緒にしばらく歩きます。
彼は幾つかのレースで一緒になってますが、いつもスーツで参加する、ナイスガイです。
顔もハンサム、日本語、中国語、英語が話せる素晴らしいランナーです。
しかも台湾で羽毛を販売する大富豪の社長でもあります。
RIMG3725.jpg

RIMG3716.jpg
RIMG3718.jpg
どこにも逃げていかないから不思議ですね。

こうして走ってみると分かります。
モンゴル=草原は間違ってないね。
RIMG3719.jpg
RIMG3720.jpg

CP2に到着
まだまだ先は50kmあります。
RIMG3722.jpg
ふと考えた。
これだけ大きな草原。どこに遊牧しても良いのだろうか?
RIMG3723.jpg
するとやはり幾つかのルールがあるようです。
まず遊牧民として許可されること。
そして毎年どの辺りにゲルを立てるのか、季節によって決まっているようです。RIMG3724.jpg

CP3に到着
丘の上にあったので、結構疲れました。
草原もさすがにここまでくると少し変化が欲しくなります。RIMG3730.jpg
RIMG3731.jpg

CP4に到着する頃には、少し寒くなってきました。
RIMG3732.jpg
どんよりと曇っていて、今にも雨が降りそうです。
ここからは軽い登り基調に変わります。
40km以上走ってくると、疲れが出てきます。
RIMG3733.jpg
RIMG3734.jpg
CP5に到着です。
ここは丘の上。RIMG3735.jpg
下り基調になりますが、周りも少し暗くなってきました。
あと2時間ほどで日が暮れます。

途中馬に乗った親子を見かけました。RIMG3737.jpg
RIMG3738.jpg
RIMG3741.jpg
子供は5歳と10歳くらいでしょうか?
まだまだ全然子供です。
ここら辺の子供は、小さなうちから馬の乗り方を習うんですね。
僕たちが自転車の乗り方を教わったような感覚でしょうか?

周りが夕闇が迫ってきた頃にCP6に到着です。
RIMG3744.jpg
RIMG3745.jpg
でもここから大変なことが起こりました。

雨が降りそうでしたが、残り10kmと聞いて、降り出す前に到着できると思い
頑張ってCPを出発します。

出発してすぐに周りは暗くなりました。

途中トボトボ歩いていると、車が何台か止まって、乗っていくかと声をかけられました。
レース中だからと断ると、中には水を差し入れてくれる人もいました。
ありがたいです。

途中200mほど、コースをロストして、引き返す場面もありました、
残り5kmなので問題ないと思ってました。
遠くでは稲光が光っています。
あの雷がつくまでには到着できると思い、足早に進んでいました。
ところが残り1〜2kmのはずがゴールが全く見えない。
雷も迫ってきている。
しかしゴールは近いはず。
雨は降ってなかったので、とにかく急いで走ります。
ところが行けども行けどもゴールの気配がない。
しばらくして雨が降ってきた。
雷もドンドン近づいてきた。
まずい、かなりマズイ!
必死に走ります。

しかし急に雨が強くなり、コースはあっという間に川のようになり、
余りの雨の強さで、前がほとんど見えない状態に。
焦っていたら、”シュン、ドスン!!”と物凄い音と閃光が走った。
空気が大きく震えた。
そう、僅か数百m先に雷が落ちた。
思わず身をかがめて、そこから一歩も動けなくなった。
周りを見渡しても、絶対に僕が一番高い。
ボーッと立っていたら絶対に雷が落ちると思った。
しかしかがんでいても多分背が高い。
多分ほんの2〜3分だろう。
大雨の中じっと耐えるしかなかったが、周囲は雷が光り続けている。

ここにじっとしていても安全ではない。
走っていた方が雷をかわせるかも(そんなことは絶対にないけど)、と馬鹿なことを
考えて走り出した。
ここで雷に打たれて死ぬのか?
モンゴルで日本人が雷に打たれて死亡、そんな記事が出るのか?

いやいや死んでたまるか!

そんなこと考えながら必死に走った。
おそらくゴールまでは2〜3kmのはず。
持っていたストックの捨てて、全力で走った走った。
おそらく5分/kmは出てたと思う。
間違いなく、今大会で一番速く走りました。

途中NHKの車が通ったので手を振ったが、気が付いてもらえなかった。
あ〜終わった、と思った。

それでも15分ほど走って、丘の上のゴールに駆け込んだ。
その頃には雨も少し上がってきた。

ゴールについてどれほど酷い雨と雷だったか必死に訴えたが、
スタッフは意外に冷静だった。
後続のランナーについても危険だからと、必死に訴えた。

ここのキャンプ地はそれほど雨は降らなかったようだ。
なんだかすごく気が抜けた。

キャンプについてしばらく暖を取っていた。着替えを済ませてテントで死んだように眠った。

朝にはみんな無事にゴールしていた。
本当に死ぬかと思った夜だった。
真っ暗なアマゾンのジャングルを走るよりも危険な夜でした。

あ〜〜生きててよかった。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









グレートレース モンゴル 250km 完走記 4
レース4日目、3rd Stage。

昨日は観光用のゲルに宿泊できたので、寒くも狭くもなくしっかり眠れました。

みんなもしっかり眠れたようですが、少し足に豆を作った選手もいるようです。
RIMG3638.jpg
RIMG3643.jpg
この4デザートの大会は、基本的には凄くハードなのですが
仮装して楽しんでいるランナーもいます。
RIMG3639.jpg
コンセプトは60'sのABBA。このコスチュームも特注です。
気合入れて楽しんでます。
今日のコースはこんな感じ。
RIMG3629.jpg

でも全く違うコースでした。(だったら出さなきゃいいのに)

スタート時は曇り。少し小雨の降る天気でしたが、雨は全く気になりませんでした。

スタートと同時に今日は山登りです。
昨日冗談で話していた
”あの山登れって言われたらヤダよね〜”
が、現実になる恐ろしい展開。
RIMG3646.jpg
RIMG3647.jpg
前の”99番”の選手は、女子40代優勝の日本人選手。山を物ともせずに登ります。
トレイルの選手ではありませんが強いです。
RIMG3650.jpg

手をつきながら必死に登ります。
1533044860Stage3_20180731-56.jpg

見えてた以上に傾斜が急で、かなり苦労しました。

振り返るとそこは絶景でした。
RIMG3649.jpg
RIMG3651.jpg
RIMG3653.jpg
山を登ること40分。
ようやく少し開けました。
RIMG3656.jpg
RIMG3657.jpg
そして少し下るとCP1です。
RIMG3658.jpg
ここでは止まらず、みんな足早に通過します。

ここからはダートが続います。
RIMG3661.jpg
やはり観光用にラクダがいました。
RIMG3662.jpg

ここはCP2までひたすらダート。
途中小雨が降りましたが、急なアップダウンはなく、比較的順調に進みます。
RIMG3663.jpg
RIMG3665.jpg

CP3に到着。
しかしここでハプニング。
RIMG3666.jpg
朝のブリーフィングを聞いてなかったのが悪いのですが、
ここから次のCP4までは約13km。
途中砂丘地帯もあり、時間が長くなるので、必ず2500ml以上水分を持って走るように言われたそうな。
しかし僕は知らない顔してそのまま2000mlの水分でスルー。
しかしhかのメンバーの中には、1ガロンの水を入れる容器を、そのまま持って走らされた人も
いるようで、お気の毒でした。
しかもここまでトップを走っていた選手は、
”僕のスピードならそんなに水は必要ないから”と
持っていくのを拒否したらしい。
そしたらその晩、ゴール後に5分のペナルティーを課せられ2位に後退。
その仕打ちに怒ってレースを棄権し帰ってしまいました。
年間チャンピョンの座もかかっていたのに、なんともったいないことを・・・。
どんなことにめげない精神力も必要ですね。

さてそれはさて置き、確かにここから砂地が続く。
RIMG3667.jpg
RIMG3669.jpg
小刻みなアップダウンに加えて砂が若干走りにく。
でも僕は砂が大好き❤️。
むしろずーっと砂漠がいい。
RIMG3673.jpg
RIMG3674.jpg
僅か数キロの砂地に、つかの間の砂漠気分を味わいました。
(サハラやアタカマが恋しくなりました)
RIMG3676.jpg
ここを抜けるとまたダート。
RIMG3677.jpg

どこまでも続く硬いダートを黙々と走ります。
すると川の向こうにCP3を発見。
RIMG3679.jpg
躊躇なくシューズのまま川を渡ります。
RIMG3680.jpg
そこからはまたダート。
ゆるいアップダウンはあるものの、走りやすいのでできるだけ走ります。RIMG3681.jpg
RIMG3682.jpg
途中に牛がいます。
ほんの3〜4mの距離です。少し緊張しながら足を進めます。
RIMG3685.jpg
途中ゲルがありました。
この辺りにも遊牧している人がいるんですね。
10kmほど進むとお花畑になりました。
RIMG3688.jpg
RIMG3689.jpg
その向こうにゴールが見えます。
雨が降ってきたので急いでゴールに向かいます。
雨が強くなる前にゴールできました。
RIMG3691.jpg
RIMG3692.jpg
しかしすぐに雨は強くなり、仲間はかなり雨に降られながらのゴールになりました。

キャンプでは、翌日までになんとかシューズやソックス、ウェアーを乾かそうと、
焚き火の周りに人が集まってます。
みんな思い思いに乾かします。
RIMG3693.jpg
雨が一段と強くなってきました。
明日はやむのでしょうか・・・?RIMG3694.jpg
明日の楽しい一日でありますように。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村












copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。