百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (519)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

サハラマラソン ナミビア編 3
朝はまだ日が昇る前に、寒くて目がさめた。

まだ5時30分。
外は真っ暗だが、西の空が少し赤くなってきている。

テントの外は風が強く、寒く感じる。

いよいよレースが始まる。

足にマメ防止のテーピングをして、着替えをすませると6時10分ぐらいだ。
外は徐々に明るくなってきた。

テントの外がなにやら騒がしい。
出てみると、昨日荷物が到着していなかったメンバーのスーツケースが届いている。
なんと大会側が、飛行場からトラックで運んできていた。
みんな慌てて荷物を詰め替えているが、昨日買った物とどちらを使うか、
ゆっくり選んでいる暇もない。
朝食を食べながら、みんな大忙しで準備に追われている。

ここはナミブ砂漠。
砂漠とはいえ、海に2〜3kmしか離れていない。
風が強く、朝は霧も出ている。

スタート30分前にはコースのブリーフィングがある。
毎朝恒例の風景だ。
僕は毎回あんまり聞いていない。
英語が苦手なこともあるが、
どんなコースか知らない方が、楽しみが増えていいかな(^^)。
準備をしていて、大変なことに気がつく。
短パンと手袋が片方無い。
おそらく昨日の荷物チェックの時に、どこかに落としたのだろう。
仕方がないので、タイツだけはいて、手袋は片手で走る事にした。
初日から、若干心が折れそうになる。

ナミビア初日  (1)
朝8時。
いよいよレースがスタートした。
みんな勢いよく走っていく。
初日のスタートはいつもこんな感じだ。
ナミビア初日  (2)
ナミビア初日  (3)


僕は今回、足の調子が悪い。
昨年のジャングルマラソンで痛めた足が治っておらず、
左の鼠径部に痛みを抱えて走ることになった。

初日は足の調子を見るためにも、控えめな走りを心がける。

いつも通りの最後尾からのスタートだ。

スタート前は寒くて、レインウェアーを上下着込んでいたが、
走るとすぐに熱くなって、20分ほどで脱いでしまった。
ナミビア初日  (9)
ナミビア初日  (10)

CP1までは比較的痛みもなく順調に走る。

ここはどこの砂漠とも違い、独特な雰囲気をもった、
ナミブ砂漠独自の風景が広がる。
ナミビア初日  (8)
ナミビア初日  (7)

特に今回は”スケルトンコースト”と呼ばれる、海岸線からすぐに砂漠につながる地形を走る。

CP1を出てから数キロ進むと海岸に出た。
ナミビア初日  (11)
ナミビア初日  (12)

どこか寒々とした海で波も高く、砂漠=暑い=青い海の想像とはまったく違う、
生物が住むのには厳しい環境を思わせる海が続いている。

海沿いにはアザラシや海鳥の骨が、いたるところに落ちている。
これもまた、環境の厳しさを物語っていた。


古く錆びた難破船の横を通り過ぎると、CP2があった。
ナミビア初日  (4)
ナミビア初日  (5)
ナミビア初日  (13)

ここまでゆっくりながら、ほとんど走れている。
無理をしないで今日はこのまま進んでいこう。
ナミビア初日  (15)
ナミビア初日  (14)
ナミビア初日  (16)
長い長い海岸線を走っていき、しばらくするとCP3が見えた。
今回は砂漠というより、砂浜を走りに来ているようだ。

休憩もそこそこに、CP3を後にする。
ここまで追い風が多く、比較的順調に進んできたが、
ここに来て、やはり足の痛みが出てくる。

コースも海岸から内陸に入り、ダートな道を進んで行く。

内陸も独特の地形がある。
石は紙のように、薄く割れている。
寒さと暑さの繰り返しに、強い風の影響もあって、刃物のように薄い石が点在する。
転んだら大けがだ。ナミビア初日  (6)


追い風で走りやすいが、風が強いために砂粒が素肌に当たって痛い。
かなりの強風だ。
ナミビア初日  (17)
ナミビア初日  (18)
ナミビア初日  (19)
ナミビア初日  (20)

歩きと走りを交互に入れて5時間13分でゴール(90番代)した。
ナミビア初日  (21)

全体では真ん中よりもやや前の方でのゴールだ。

思ったよりも走れたので少しホッとした。


テントに帰ってみると、なんとすでに全員帰ってきていた。
なんとテント8人の中でドベだった。
みんな速い!!

それもそのはず、同じテントの仲間のうち、4人のドイツ人は
去年のジャングルマラソンで優勝したトーマスとその仲間だった。
そりゃ早いよね。
他のメンバーは、メキシコ人男性1に、アメリカ人女性一人、日本人女性1人。

みんな速い。

明日からもう少し早く走ります。(^^;)

今日も風が強く、みんな焚火の周りで暖を取りながら、思い思いに今日の話をしながら夕食を食べた。
ナミビア初日  (22)


スポンサーサイト
サハラマラソン ナミビア編 2
翌日はホテルを移動。
今度のホテルはこんな感じ。
前日のホテル  (4)
前日のホテル  (1)

景色もいいです。
前日のホテル  (2)
前日のホテル  (3)

朝食はバイキングですが、とっても美味しいです。
前日のホテル  (7)
前日のホテル  (14)
前日のホテル  (13)
前日のホテル  (12)
前日のホテル  (11)
前日のホテル  (10)
肉も果物も豊富です。
前日のホテル  (9)
前日のホテル  (8)
前日のホテル  (5)
前日のホテル  (6)
しばらくおいしい食事も食べられないので、しっかり食べておきます。


みんなが集合して、ここからスタート地点の第一キャンプ地へ向かいます。


しかしその後に大事件が・・・。

今日到着したランナーの内、なんと20人の荷物がロストした。
ロストというより置いてきた!?

実は南アフリカからナミビアに向かう飛行機が、4人オーバーブッキングしたらしい。
そんなことはよくあることだが、ここからが凄い。

なんとその4人のオーバーブッキングした乗客を無理やり(どうやって?)乗せたために、
飛行機の飛行のための重量がオーバーした。
そこで、機内預けの荷物のコンテナを、一つ置いてきたそうだ。

・・・あり得ませんけど!

そのためランナー20人の荷物も届かなかった。

しかもその荷物は翌日の夕方しか届かない。

しかしそれではすでにキャンプ地にいる。
しかもしかも、本当に翌日に確実に荷物が到着する保証もない。

これは焦るよね。

そこでみんなに声をかけて、余っている食料や必要物品を持ち寄った。
それでも足りない分は、買い出しに行くしかない。

必要物品がないと、出走させてもらえないので、みんな慌てて買いに行きました。
かわいそうだけど仕方がないです。

そしてもう一つ事件が。

格安航空券で、北京経由でヨハネスブルグに到着予定のメンバー3人が到着指定なし。
聞くところによると、中国東方航空の飛行機が北京到着が遅れたために、
ヨハネスブルグへの乗り換えの飛行機に間に合わず、北京で3日間も足止め状態になっている様子。

結局その3人のうち1人は北京から帰国、残りの2人は2日遅れて3日目からのオープン参加に
なってしまいました。
スタートラインに立つまでにも、すでにレースは始まっているんですね。

僕は荷物のチェックを今日済ませます。
全部で10.8kg。そこに水分が1.5kg追加になるので、全体で12.3kg。
これでスタートします。
説明会~スタート直前  (1)
これでも前回よりも2kg軽くなりました。


翌日、午前中に説明会があります。
みんな真剣に聞いています。
説明会~スタート直前  (2)
説明会~スタート直前  (3)

大型バスで最初のキャンプ地に向かいます。
説明会~スタート直前  (5)
説明会~スタート直前  (7)


バスの中では軽い軽食が出ました。
説明会~スタート直前  (6)

スタッフは別の車で向かいます。
説明会~スタート直前  (4)



バスに揺られて3時間ちょっと。
最初のキャンプ地に到着です。
説明会~スタート直前  (9)
説明会~スタート直前  (8)
説明会~スタート直前  (10)

テントはこんな感じ。
説明会~スタート直前  (11)

荷物を置いたらみんな説明を聞きます。
説明会~スタート直前  (12)


思っていたよりも寒く、気温は10℃ほど。
みんな焚き火の周りに集まって、暖をとります。

いよいよ明日からレースが始まります。
ドキドキ、ワクワクです。
サハラマラソン ナミビア編 1
遅くなりましたが、ナミビアでの砂漠レースです。

さて今回で4deertsのレースは7回目になります。

今回はサハラレースになってはいますが、アフリカのナミビアにあるナミブ砂漠です。

初めて行く砂漠は、ワクワク・ドキドキしますね。

さて今回も余裕と安全のために、1日に早めに到着予定。
キャセイパシフィックでいきます。
旅路  (1)
旅路  (3)

今回席をプレミアムエコノミーにしてみました。
すると、席の設定がなかったので、ビジネスクラスにランクアップしてもらえました(ラッキー!)
旅路  (2)

ビジネスクラスは機内食が違う(^^)。
すごく得しました。
旅路  (4)
旅路  (5)

香港空港で乗り換えです。
待ち時間が10時間近くあったので、空港内でゆっくりしてました。
旅路  (6)

香港から、まずは南アフリカのヨハネスブルグに飛びます。
ここまで12時間くらい(長い・・・)。
機内で映画を4本みました。
機内食はこんな感じ。
旅路  (7)

ヨハネスブルグは世界でも屈指の犯罪都市。
街には出ないで、空港内で過ごします。

ここからはナミビア航空に乗り換えます。
旅路  (8)

旅の鉄則。
乗り換えで、空港会社が変わるときは、荷物は必ず一度ピックアップします。
そして可能な限りの手荷物を持ち込みます。
これは非常に重要です。

南アフリカからナミビアは、国際線ですが、飛行機は小さいです。
旅路  (9)

フライト時間は2時間くらいです。
ナミビアのスワコップムントの空港に到着。
まさしく砂漠の真ん中に空港があります。
旅路  (10)
旅路  (10)

そして国際空港とは思えない小ささです。
旅路  (11)

イミグレーションもこんな感じ。
ん〜、ローカル感満載です。
旅路  (12)

荷物も無事に到着し、タクシーで街まで向かいます。
値段は良心的。
一人200ナミビアドル(約1500円)。
ホテルの送迎バスが240ナミビアドルであることを考えると、
こちらの方がお得ですね。

街に近い池には、フラミンゴもいました。
旅路  (13)
旅路  (13)

最初に予約したホテルはこんな感じ。
予約したホテル  (3)
予約したホテル  (6)
ロビーです。

部屋もきれいです。
予約したホテル  (1)
予約したホテル  (2)

夜はライトアップされるので、雰囲気もいいですよ。
予約したホテル  (4)
予約したホテル  (5)
考えてみれば、砂漠の真ん中の街で、プールのあるホテルですから、かなり贅沢ですね。

翌日の朝食はバイキングですが、十分な量のご飯で、味も美味しいですよ。
予約したホテル  (7)
予約したホテル  (8)
予約したホテル  (9)
予約したホテル  (10)
予約したホテル 

ホテルに着いた日は、街を散策しました。
昼〜夕方にかけてでしたが、危険な感じはありませんでした。

街はおしゃれなヨーロッパ調の建物が多く存在ましす。
1970年代まで、ドイツの植民地であったことが影響しているのでしょうか?
スワコップムントの町  (1)
スワコップムントの町  (2)
スワコップムントの町  (8)
スワコップムントの町  (7)


翌日はホテルを移動します。
確認おためにホテルのそばまで行きましたが、
海岸沿いでした。
スワコップムントの町  (3)

途中、昼食兼夕ご飯です。
量も多いし味もいいです。
スワコップムントの町  (4)

デザートはケーキです。
スワコップムントの町  (6)

でもこの赤いケーキだけは要注意。
スワコップムントの町  (5)
日本人の口には合わないかも。
でもどこのお店にも置いてあります。
興味がある人は、食べてみてね。

街には駐車スペースがあり、渋滞もありません。
スワコップムントの町  (9)

郵便局もあります。
スワコップムントの町  (10)

いかにもアフリカ的な建物や
スワコップムントの町  (11)
灯台もあります。
スワコップムントの町  (12)

そしてなぜかホロホロ鳥がたくさんいます。
スワコップムントの町  (13)

別荘のような建物やリゾートマンションもあり、ここで過ごすリッチな人もいるようです。
これから発展しそうな街ですね。

明日はいよいよブリーフィング、そして最初のキャンプ地に出発です。

楽しみでい方がないです。




















やぶはら高原マラソン
やぶはら高原マラソンに行ってきました。
2016やぶはら  (1)

前日は諏訪湖の近くに泊まって、夜はウナギを食べました。
久しぶりに食べたら、すっごくおいしかったです。

力が付きました。

翌日は車で移動。
1時間弱で到着しました。

今回はハーフですがほかにも10km、5kmがあります。
全部で2000人程度なので、すごくのんびりしていていい雰囲気です。
大きな大会が好きな人には物足りないけど、
僕は最近、こうした小さな大会が好きです。

大会前は元ランナーの”千葉真子”さんが、お話ししてみんなを激励してくれました。
2016やぶはら  (2)

今回チームからは6人が参加しました。
写真は5人ですが・・・。
2016やぶはら  (3)


スタートも緩い感じ。
2016やぶはら  (4)

でもコースは厳しい。
累計高低差にすると500mくらいでしょうか。

コースはスタート直後からアップダウンの連続です。
2016やぶはら  (5)

<
ダムの周りを一周するが、このダムの周囲も坂道がいっぱいです。
2016やぶはら  (7)
2016やぶはら  (8)
2016やぶはら  (9)
2016やぶはら  (10)

きついコースが好きな人には、とっても面白いコースですね。
2016やぶはら  (11)
2016やぶはら  (13)
2016やぶはら  (15)
コースの給水には湧水を使っていますので、無くなることがなく、どこのエイドでも
豊富にありますから、一杯飲んで大丈夫ですよ。

チームのメンバーも笑顔で走ってます。
2016やぶはら  (12)
2016やぶはら  (14)


終盤には太鼓で応援もあり、ランナーを盛り上げてくれます。
2016やぶはら  (17)

最後の下りを降りていくと、ゴールが見えてきます。
2016やぶはら  (18)

ここはタイムを狙うシリアスランナーには、記録が出なコースですが、
とってもいい練習になるので、ぜひ皆さんも参加してみてください。2016やぶはら  (19)

チームのメンバーも、厳しいコースを全員で完走しました。
2016やぶはら  (20)



この時期の都会よりも5℃くらい気温が低いので、快適に厳しいコースを走れますよ。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
那古亭
先日、母の退職祝いを兼ねて、マリオットホテルの鉄板焼きのお店、
”那古亭”
に行ってきました。
那古亭  (9)

今はコースが色々あって、お肉や海鮮など楽しめます。
伊勢志摩サミット特別コースなんていうのもありました。(^^)

料理はすべて、目の前で焼いてくれます。

とてもおいしいですよ。

料理を紹介しますね。
前菜です。
ホタテとエビがさっぱりと和えてあります。
少しピリッとしますげ、食欲を刺激します。
那古亭  (1)

前菜2品目は
イベリコ豚と菜の花を焼いたものを、クレープの生地で包んでいます。
バターのソースがよく合います。
那古亭  (2)

メインのお肉は和牛のヒレ肉です。
二種類の塩、きざみわさび、しょうゆ、ニンニクソース、おろしポン酢でいただきます。
どれもおいしいです。
サラダもさっぱりしていておいしいです。
イタリアンドレッシングですね。
那古亭  (3)
那古亭  (4)

そういえばこのきのこ”やまなみ茸”というそうです。
おいしかったです。

ご飯はガーリックライスです。
最高です。
那古亭  (6)

デザートはブルーベリーのアイスクリームとイチゴ、パイナップル、チョコレートです。
那古亭  (7)

コーヒーもおいしいです。
もう少し香りがあるといいですが。
那古亭  (8)

土曜日にいったせいもありますが、混んでましたね。

でもちょっとしたお祝いにはいいと思います。
特別感もあるので、ぜひ行ってみてくださいね。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村








copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法