FC2ブログ
百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎甲州街道マラニック216km
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
◎ナミビア・ナミブ砂漠 250km
◎アルゼンチン・パタゴニア 250km
◎モンゴル250km
◎マナスル 170km
など、200km以上のウルトラマラソンに26回完走。

今年はニュージーランドとケニアの250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (562)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (186)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (31)
自転車・バイク (0)
映画 (3)
ステージレース、グレートレース (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マナスルトレイルランニング 完走記!? 12
レース終了から一夜明け、周囲を散策してみた。
綺麗な山々に囲まれた、素晴らしいホテルに泊まっていたかことに驚いた。
IMG_4383.jpg
IMG_4384.jpg
IMG_4385.jpg
IMG_4386.jpg
RIMG4583.jpg
さらに驚いたことは、どうやらこのホテルはまだ建設中であったこと。
シャワーはほとんど出ないし、壁やロビーもいたるところで工事中。
建設中なのか?補修中なのか?
何れにしても、この辺りで滅多に見られない素晴らしいホテルです。
RIMG4585.jpg
RIMG4586.jpg
RIMG4587.jpg

帰りは観光バス。
こちらのバスは、ここから荷物を積み込みます。
RIMG4584.jpg
もちろんバスの屋根の上にも積み込みます。
RIMG4589.jpg
タイヤはバースト寸前。
RIMG4590.jpg
運転席はレトロ感満載です。
RIMG4588.jpg
RIMG4591.jpg
RIMG4592.jpg
さていざカトマンズに向けて出発です。
ここから6時間の道のりです。

当然あっというもに眠りに落ちますが、
時々トイレ休憩で起こされます。
そこには色々なものを売っています。
RIMG4594.jpg
RIMG4597.jpg
RIMG4598.jpg
バナナやミカンは甘くて美味しいですよ。

そしてもう一つ驚いたことに、このバスがカトマンズに行くと知るや、
街から見知らぬ女性が乗り込んできた。
日本では考えられませんが、これもこの国の良い所かもね。
その女性が途中停車した街で、バスから買っていたものは、なんとサラダ。
RIMG4596.jpg
RIMG4595.jpg
こうして頭の上に材料を乗せて運んできては、目の前で作ってくれます。
お国変われば色々ですね。

夜はカトマンズのホテルで表彰式。
ようやくみんなに笑顔がはじけます。
RIMG4601.jpg
RIMG4600.jpg
RIMG4602.jpg
途中体調を崩し、馬で移動した僕も完走扱いにしてくれた感謝です。
ここは甘えておきます。
RIMG4604.jpg

この大会は、イギリス人のリチャードが、ネパールの良さをたくさんのランナーに知ってもらうために
開催した大会です。
8000m級の山の中では、まだまだ知られていないマナスルを、存分に味わえるように
コース設定がなされ、トレラン好きにもトレッカーにも大満足できる
素晴らしいコース設定になっています。

日本の参加者はまだまだ少ないですが、ヨーロッパの山々にはない、
素朴で野性味あふれた、近代文明にまだまだ汚染されていない大自然を
満喫できる素晴らしい大会です。

日本人では、男性がまだ数名、女性では日本最強のトレイルランナーの野村さん
しか走っていない大会です。
みなさん是非参加してみてください。
結構はまりますよ!!


http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
マナスルトレイルランニング 完走記!? 11
昨日夜中に到着してからゆっくり休んでから一夜明けた。

昨日ようりも標高が少し下がった影響で、若干呼吸は楽になっている。

昨日は暗くてわかりませんでしたが、周囲はこんな感じ。
綺麗な宿泊施設と、かわいいカフェのような食堂、周囲の山々が、
昨日までの荒涼とした大地とは全く違う世界を作り出しています。
RIMG4548.jpg

今日はいよいよ最終日。
ゴールに向かって1800mほど下っていきます。

スタートはいつもどおり緩い感じでしたが、
スタートすると一転、みんなあっという間に走っていきます。
RIMG4549.jpg

呼吸が楽になったせいか、最終日のパワーか、みんな早い早い。
RIMG4551.jpg

山の中、沢沿いの綺麗な景色の中を下っていきます。
RIMG4552.jpg
RIMG4553.jpg
RIMG4555.jpg
RIMG4556.jpg
RIMG4557.jpg
RIMG4558.jpg

10kmほど下るとCPがありました。
この二人はレースがスタートした初日から、いつもエイドや宿泊施設で、
みんなのお世話をしてくれました。
いつも笑顔で癒してくれます。
素敵なネパール人です。
RIMG4559.jpg
ネパール人は他の国と比較すると、親日家が多いこともあるが、
嘘や人を騙そうとする、裏がある人が少ないと思います。
良いこと、悪いことを素直に話してもらえるので、非常に信用できる国だと感じました。


山を下って行くと、周囲には畑や稲作など、人の営みが見える景色が戻ってきました。
RIMG4562.jpg
RIMG4563.jpg
RIMG4564.jpg

しかし途中の道は、いたる所で土砂崩れが起きており、
崖や山に囲まれた地域で生活する大変さが伺われます。
ピンクのフラッグも土砂崩れの上を超えるように建てられています。RIMG4567.jpg

さてこのレースもいよいよ最後。
たくさん渡った吊り橋も、この橋を渡れば終了です。
RIMG4565.jpg

そしてようやくゴール。
RIMG4571.jpg
RIMG4570.jpg
長い長い9日間でした。

体調を崩し、力も出せず、途中涙を流した時もあり、悔しさが強く残った大会でしたが、
とにかくここまで来られて、ホッとしています。
みんなで迎えを待ちながら、検討をたたえています。

忘れてましたが、帰りもすごい崖っぷちの山道を車で帰ります。
これが一番怖いかも!?
RIMG4573.jpg

たった30kmの道のりを、車で4時間ほどかけて帰って来ました。
久しぶりのご馳走を綺麗なホテルでいただきます。
RIMG4576.jpg
RIMG4575.jpg
いつも僕たちを助けてくれたシェルパの人たちにも感謝しながら、夜が更けていきました。
RIMG4580.jpg
RIMG4582.jpg

本当にゆっくり眠れます。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






マナスルトレイルランニング 完走記!? 10
今日も朝から絶不調。
でも解熱剤と風邪薬(抗生剤?)と点鼻薬が効いたのか、
昨日よりは少しいいかも!?

でも食べてないので歩けません。

みんなは朝4時から随時スタート。
一斉スタートではないみたいです。

真っ暗な中を登っていきます。
気温はマイナス7℃くらい。

僕は最後尾から馬(ポニー)に乗って出発です。

真っ暗な中を明かりもつけずに進んでいきます。
暗闇でも見える馬は、明かりに驚いてうまく歩けないんだそうです。

時々ある沢の流れは凍っています。

そこは馬もツルツルに滑るので、僕も降りて慎重に氷の上を歩きます。
もし滑り落ちたら、数百mは滑落します。
慎重に慎重に。

2時間位すると、周囲も明るくなってきます。
山々の影がはっきりしてきます。
IMG_4382.jpg
RIMG4515.jpg
シェルパーさんが馬を引いてくれます。
細い道も上手に進みます。
RIMG4517.jpg
馬は本当に賢いですね。

風が冷たいと感じていたら、真横には氷河が流れていました。
RIMG4519.jpg
この辺りはいたるところに氷河があります。
でもそこに人が住んでいる。
本当に厳しい自然環境だと思います。

今日は天気も良く、一段と冷えます。
RIMG4520.jpg
RIMG4521.jpg
RIMG4523.jpg
周囲は雪もありますが、この時期でも深くありません。
むしろ大地は乾いている印象です。
RIMG4524.jpg
岩場から時々鳴きウサギの声が聞こえ、可愛らしい姿を見せてくれます。
残念ながら、写真は撮れませんでした。

お昼ぐらいには休憩施設へ到着です。RIMG4526.jpg
ここは標高5000m!
にもかかわらず、ここでも人が待機していて、時々通る登山者にお世話をしています。
ネパール人は凄いです。

少しの休憩ののち出発します。
あと2kmほどでピークになります。
RIMG4527.jpg
RIMG4528.jpg
RIMG4529.jpg

しばらくして馬を降りました。
ここから500mほどですが、自分で歩きます。
RIMG4531.jpg
RIMG4532.jpg
呼吸が苦しいので、本当にユックリ、ユックリ進みます。
そしてここがピーク5106mです。RIMG4537.jpg
RIMG4539.jpg
RIMG4538.jpg
RIMG4540.jpg

周りは何もありません。
荒涼としていますが、砂漠とは違い、そこはかとない冷たさと、生物を拒絶する
厳しさを持っています。
そして体に纏わりつく空気がありません。
体を動かしても、空気抵抗がないので、スカスカしています。
まさに地球の屋根に少し近づいた瞬間です。

ここで空気が薄いことを説明します。
僕も体験では、空気が薄いことと、酸素濃度が低いことは全く別物です。

ここに来る前に、低酸素トレーニングに10回ほど行きました。
そこは1気圧で酸素濃度が15%前後。
ここではどんなに運動してもSpO2は低下しても、苦しくはなりません。
誤解している人も多いと思うので簡単に説明しておきます。
人間は酸素が少なくなっても苦しくはなりません。
もちろん頭がぼーっとしたり、めまいがしたり、眠くなったりまします。
これは脳みそが酸欠になるからです。
しかし息苦しさを覚えるのは、体に二酸化炭素が溜まった時です。
運動することで体に大量の二酸化炭素がたまります。
これを体外に効率良く排泄するために呼吸が速くなります。
呼吸中枢は血液中の二酸化炭素の量で支配されているのです。
つまり空気が薄いと、この二酸化炭素がうまく排泄できません。
そのため高所では息苦しさを感じますが、同じ酸素濃度でも、
1気圧では苦しさを感じないのです。

実際昨年の5月のエベレストマラソンでは3人が亡くなっています(一人は行方不明)が、うち2人は
寝ている間に低酸素脳症になって亡くなったと考えられます。
本当に低酸素で、呼吸が苦しくなれば、必ず目が醒めるはずです。
しかし低酸素では苦しくないために、寝ていると気がつかないのです。
皆さんも気をつけてくださいね。

ちなみにこの馬が僕を乗せてくれたポニーです。
大人しくて賢くて、本当にいい子です。
RIMG4541.jpg

さて僕はここから下りますが、同じように体調の悪い人数名が、”私も馬に乗りたい”と言いだしたので、
交代に乗りながら山を下ります。
ここからは10kmほどの下になります。
周りはだんだん暗くなります。
霧も出てきました。
RIMG4545.jpg
山が夕日に照らされたと思っていたら、あっという間に周りは暗闇に包まれました。
RIMG4546.jpg
灯りもつけずに、真っ暗な中をひたすら馬に乗って降りていきます。

寒さに耐えながら、やっと到着したのは、出発から15時間が経過した夜の8時過ぎでした。

同室の日本人が待っていてくれました。

暖かい食事が本当においしかったです。

ここは標高3500m。
空気もあります。
何とか無事に終わりそうです。

今日はとにかく寝ます。


http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









マナスルトレイルランニング 完走記!? 9
昨日やっとの思いでここまで到着したものの、
今朝は朝から絶不調。
咳がひどくて歩くのも辛い。

今日は朝からみんなでピクニックの予定でした。
中国国境まで標高5000m超を経験するはずだったのですが、
寝込んでしまって動けず。
息を吸っても空気が入ってこない。

そこで遠足は不参加して、近くの山を2〜3km登りました。
少しでも高度順応しておかなくてはいけません。

そんなメンバーも10人ほどいたので、一緒に登りました。
RIMG4495.jpg
泊まっている宿から見えている山を登ります。
高度は200mほど登るだけですが、十分きついです。
でも景色は素晴らしい。
IMG_4376.jpg
IMG_4375.jpg
IMG_4374.jpg
IMG_4373.jpg
IMG_4372.jpg
みなんで日向ぼっこです。
RIMG4498.jpg
RIMG4505.jpg
牛も寄ってきます。RIMG4496.jpg
誰かが”ピザとワインを宅配しよう”と言ってました。
こんな景色の中で食べたら最高でしょうね。

RIMG4507.jpg
RIMG4508.jpg
RIMG4510.jpg


体調不良の僕は、一足お先に宿に戻ります。
RIMG4513.jpg
RIMG4511.jpg
途中石にお経が彫ってありました。
こんな小さな村にまで、宗教が浸透しています。
チベット仏教はすごいですね。

僕は昼には宿に帰りましたが、ついにダウン。
熱も出てきたので、昼食も食べずに寝ることにしました。

夕方、中国国境に行ってきた仲間が帰ってきました。

しかし僕の具合があまりに酷くなっていたので、すぐに主催者を呼びに行き、
主催者のチャールズと医師が部屋まで来てくれました。
そこで、翌日の峠越えは無理と判断され、僕は馬で峠を越えることになりました。
ヒマラヤまで来てなんたる失態。
かなり凹みましたが、とにかく回復を待つしかありません。
ペラペラなシュラフしか持っていない僕に、シュラフカバーを貸してくれた友人に感謝です。
お陰様で寒くなく休めました。

翌日は5106mの峠越え、なんとか自分の足で超えたいものです。
治るかな・・・?

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





マナスルトレイルランニング 完走記!? 8
今日は大会6日目。
RIMG4450.jpg
マナスルは美しく輝いています。

僕は風邪は相変わらず、咳と痰でひどい状態。
薬は飲んでますが、改善しません。
RIMG4451.jpg

朝から近くの小学校の運動会?に参加します。
運動会といってもかけっこ(徒競走)だけですが。

2kmほど歩いて村を出ます。
RIMG4452.jpg
RIMG4453.jpg

そこには小学生が3〜40人ほど集まっています。
ここは標高3500mを超えています。
そんな場所の小学校でも、こんなにたくさんの子供がいるんですね。

みんなに自分のゼッケンのついた名札をつけていきます。
ちょっと照れくさそうです。

スタートは一斉にみんなで、学年、性別関係なしです。
RIMG4455.jpg
RIMG4456.jpg
RIMG4457.jpg
RIMG4458.jpg
みんな全力疾走です。
しかも早い。
とてもついていけません。
なんども言いますが、ここはヒュこう3500m。
空気は平地の70%くらいです。
こんな子供たちが、いつしか陸上競技や水泳に力を入れたら、
強くなるのかもしれませんね。

ゴールは先ほどの村です。
RIMG4460.jpg
RIMG4462.jpg
僕が着く頃には、すでにゴール順に並んでいます。
大会の主催者からTシャツとショールをもらいます。
このショールは、旅の安全を祈願しているようで、旅が終わるとまた次の旅人に渡します。

僕たちは今日は8kmと短い工程。
体調不良の僕には助かります。

村からスタートかと思いきや、マナスルをバックに記念撮影するために、
昨日の氷河湖まで2kmほど移動します。
RIMG4463.jpg
RIMG4464.jpg
RIMG4466.jpg
RIMG4471.jpg
途中小さなゴンパ(寺)がありました。

氷河湖の周りには、たくさんのトレッカーがきた証に、石を積んでいきます。
RIMG4472.jpg
RIMG4473.jpg
日本人には、賽の河原にしか見えないのですが・・・。

さてここでマナスルとはお別れです。
記念撮影してスタートします。
RIMG4476.jpg
RIMG4477.jpg

体調悪いけど、言うても8kmなら大丈夫だろうと思ってましたが・・・。
全く体が言うこと聞かない。

スタートして間もなく、あっという間に最後尾です。
しかもどんどん離される。
RIMG4478.jpg
RIMG4479.jpg

あっという間に前のランナーが見えなくなりそうです。RIMG4480.jpg
RIMG4481.jpg

距離も短いので、目印の旗も立ってない。
必死についていきました。
RIMG4482.jpg
2時間ちょっとでゴールの村が見えました。
ホッとしました。
自分の体が、思った以上に弱ってました。
ちょっと体を動かすと、咳が止まりません。

ゴールするとみんな食事を待ってました。
RIMG4483.jpg

今日はカレーです。RIMG4484.jpg
デザートは、落雁のようなお菓子でした。甘いです。

ここも周囲にはいくつか宿泊施設があります。
RIMG4486.jpg
RIMG4487.jpg
暖房はありませんが、電気が21時まで使えて、隙間風が入ってこないので快適です。RIMG4491.jpg
夜もみんなで夕食です。
しかし僕はついに食事も食べられなくなるほど咳込み出しました。
RIMG4492.jpg
ここからは辛い日々が続いていきます。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/

マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村






copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。