百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
◎ナミビア・ナミブ砂漠 250km
◎アルゼンチン・パタゴニア 250km
など、200km以上のウルトラマラソンに24回完走。

今年はモンゴルの250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (539)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (31)
自転車・バイク (0)
映画 (3)
ステージレース、グレートレース (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

飛騨高山ウルトラマラソン
ブログを休んでいる間、みなさんから沢山のお問い合わせを頂きました。

どうしてブログを書かないの?
もう辞めてしまったの?
などなど。

少し事情を知っている方からは、励ましもいただきました。

ご心配おかけしましたが、今日から再開します。
そして実はこの記事が700号。

毎日はかけないかもしれませんが、これから頑張って書いていきます。


復帰第1号はやっぱりマラソンネタですね。

飛騨高山ウルトラマラソン。
これには100kmと70kmの部があります。

今回チームからも沢山エントリーが有りました。

結論から言うとこのコースはアップダウンがきつく、しかし緑に囲まれた
山間部を走り、車の通りも少なく、歩道意外も沢山走れるので、
走りやすいし、走っていて楽しいコースです。
また初心者の方も挑戦し甲斐が有るし、ベテランやリピーターも走りがいのあるコースです。

エイドは非常に充実していて、地元の人が如何に頑張ってくれているかが
本当に良く分かります。
東海地方のウルトラマラソンとして、今後大いに盛り上がってもらいたいです。

写真を40枚ほど添付します。
チームのメンバー中心の写真ばかりですが、
コースの参考になれば幸いです。

2013 6 9 (27)
受付は前日に公民館ね行われます。新背うなコース説明もあるので、聞いておくと参考になうかも入れませんね。ちなみに僕はどのコースも、下見やコース説明は効かない事にしています。レースの新鮮味薄れそうで嫌なんです。

会場は役場の駐車場からです。
ランナーは1000人ちょっとですから、それほど混雑はしません。
2013 6 9 (28)

レース前にチームの仲間や他のランナーと記念撮影です。
2013 6 9 (4)
2013 6 9 (3)
2013 6 9 (1)
2013 6 9 (2)

2013 6 9 (30)
スタートをすると街中から古い街並みに入ります。
コースが狭いので注意が必要です。
2013 6 9 (5)
2013 6 9 (31)

町を抜けると田園地帯に入ります。

そこから山を登ります。
最初の峠です。
しかしここで歩くランナーはほとんどいません。
2013 6 9 (32)
2013 6 9 (34)

ここは最初のチェックポイント”道の駅、ひだ朝日村”です。
僕は脚の怪我が完治してないので、ここでリタイヤする予定でしたが・・・。
知り合いが応援してくれて、ついついリタイヤしそびれました。
2013 6 9 (6)
2013 6 9 (8)
2013 6 9 (9)
2013 6 9 (10)
2013 6 9 (11)
2013 6 9 (12)
2013 6 9 (13)
チームのメンバーもみんな元気です。
軽快に走ってきます。


ここからはしばらく山間を走ります。
スキー場の入り口もり、結構登ってきたのが分かります。
2013 6 9 (35)
2013 6 9 (36)
2013 6 9 (37)
2013 6 9 (38)
2013 6 9 (39)
2013 6 9 (40)
2013 6 9 (41)
2013 6 9 (42)
2013 6 9 (43)
2013 6 9 (44)



綺麗な景色の山間を抜けると、丹生川支所のエイドです。
ここで着替えや食事が取れます。
2013 6 9 (45)

2013 6 9 (14)
2013 6 9 (15)
2013 6 9 (17)
ここまで54km以上。
少し疲れがみます。


2013 6 9 (46)
2013 6 9 (47)
ここから70KMのコースは100KMのコースと分かれます。
でも後少し、みんなガンバります。
2013 6 9 (18)
2013 6 9 (19)
2013 6 9 (20)
2013 6 9 (21)
2013 6 9 (22)
2013 6 9 (23)
2013 6 9 (24)
みんなゴールでは笑顔です。
厳しいコースですが、みんな予想以上の好成績でした。


2013 6 9 (25)
この着ぐるみの人は、砂漠仲間です。
2013 6 9 (26)

名古屋からわざわざ応援に来てくれたメンバーもいました。
2013 6 9 (48)
完走メダルは木製です。

今回かなり無理をしたので、ちょっとダメージが残りそうですが、やっぱり完走してよかったかな。




これからまたブログを書いていきます。

応援してくださいね。
スポンサーサイト

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法