百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
グレートレース ブラジル アマゾン ジャングルマラソン 完走記 1
皆さん、ジャングルと聞いてどんな場所を想像しますか?

広大な平野に濃い緑の欝蒼とした森林が広がり、細かい川の支流が無数に流れる。

僕はこんな場所を想像していました。
しかしそれはブラジルアマゾンの一部でしかありませんでした。

僕が今回走ったのは、ブラジルのサンパルロから国内線を乗り継ぎ、
アマゾン川中流の水上交通の要所、サンタレントいう町に近いAlter do Chaoという町の近くです。

Alter do Chaoは観光地です。
綺麗なビーチがあり、みんながのんびり過ごしています。
J-1  (1)
J-1  (2)
J-1  (3)

J-1  (9)
そしてこの町唯一のスーパーです。
J-1  (4)

夜は暗くなりますが、危険はなさそうです。
J-1  (6)
J-1  (7)
J-1  (8)


僕は集合日時よりも二日早く到着し、ここで体を慣らしました。
荷物はこんな感じ。
J-1  (5)


食事は意外に美味しいです。
肉も魚も行けますよ。
J-1  (10)

これは淡水魚最大の魚、ピラルクのころも揚げです。
淡白で、日本で言うと鱈のような感じ。
臭みは全くなくて美味しいです。
J-1  (11)


集合はこの村の桟橋に夜8時です。
J-1  (12)
J-1  (13)

それまでにハンモックの吊り方練習します。
J-1  (14)

夜8時、みんなが桟橋に集まって来ました。
荷物を持って船に乗り込みます。
J-1  (15)
J-1  (16)

乗り込むとすぐに、ハンモックを吊ります。
J-1  (17)

船の中には所狭しとハンモックが吊られます。
今日はここで寝ます。

スタート地点はここの町から近くのアマゾン川沿いの村です。
近くと言ってもこの町から船で約10時間、上流に登ります。

川を登る途中で、川中に出来た砂浜に寄りました。
海のような景色です。
J-1  (18)
J-1  (20)
ちなみに、船にはこうして船の横から、板の上を歩いて乗り込みます。
J-1  (19)

そこから4時間ほどで村に到着です。
村では村民あげてランナーを迎えてくれました。
J-1  (21)
J-1  (22)

上陸すると早速寝床の確保です。J-1  (23)

ランナーはここで気候に体調を慣らすために、約二日の時間を過ごします。
村では子供が裸足でサッカーをしてます。
さすがブラジルですね。
J-1  (24)

ここには綺麗な砂浜があり、アマゾン川が悠々と流れています。
J-1  (26)
うっすらと見える対岸までは約20km。
海といっても誰もが信じてしまうような、雄大な景色です。
ジャングルの印象が大きく変わった一面でもあります。

そんな夕日を見ながらみんなにナンバーカードが配られました。
ナンバーカードは、言えば好きな番号がもらえます。
J-1  (25)

そしてみんなで記念撮影です。
J-1  (27)


今回のレースでは重要な約束事の一つに、
“寝るときは必ずハンモックで寝る”
というルールがあります。
それは地面で寝ると、毒を持った蛇やカエル、ムカデ・アリ・クモ・蜂にダニやヒルなど、
およそ日本人が想像できうる危険な生物にさらされるからです。
もちろん現地の人もみんなハンモックで寝ています。

そしてスタートまでに、どんな生き物や植物が危険か?刺されたら、噛まれたらどうするか?など説明を受けます。
遭難した時の火の起こし方もレンジャーの隊長からレクチャーされます。
J-1  (28)
J-1  (29)
J-1  (30)
J-1  (31)
J-1  (32)
J-1  (33)
この模様のヘビ危険だけどこちらは安全、このカエルは猛毒だけど、これは食べられる。
蛇に噛まれたら、じっとしていないで、とにかくCP(チェックポイント)まで急いで来い。
出来れば噛まれた蛇の写真も撮って来い。とスタッフは言いますが。
・・・そんなの絶対無理ですから!!

それに、この木の実は毒があるが、これは大丈夫などなど。
基本食べてみて甘いのは食べて大丈夫、渋いのや辛いのは食べたらダメ。
だそうです。
結局食べなきゃ分からんのかい!!


僕はこの時、心の中で叫んでました。
“心配しなくても、どんな蛇にもカエルにも絶対に近づかないし、木の実は食べません!!”

不安になった僕はスタッフの一人に聞いてみた“今まで大会中に死んだ人はいないの?”スタッフはうっすら笑みを浮かべながら答えた“スタッフではいないよ”
・ ・・ランナーはいるのか!? 
ジョーク?がブラックすぎて怖いんですけど。

食事は学校でお湯がもらえます。
建物は窓も有りませんが、立派に学校です。
J-1  (35)


そんなこんなでキャンプで二日間を過ごし、いよいよスタートします。
J-1  (38)


スタートの朝みんな荷造りです。
J-1  (36)

そしていよいよスタート。
日本人は3人です。
J-1  (37)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ダブル
次が楽しみですが、自分ならこんなところへは絶対に行かないです(^^♪
2015/10/27(火) 15:29:03 | URL | [ 編集]
アスリートDr.K
> 次が楽しみですが、自分ならこんなところへは絶対に行かないです(^^♪

>ダブルさん
ご無沙汰しています。
ダブルさんの実力なら、きっと楽勝ですよ。
是非行きましょう。(^^)
2015/10/28(水) 11:25:28 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。