百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
グレートレース ブラジル アマゾン ジャングルマラソン 完走記6
今日はロングデイ。
朝は4時スタート。
それに合わせて午前2時前には起床します。
昨日のレースで体が火照り、結局ほとんど眠れないまま、重たい体を起こして準備にかかる。

毎朝のルーティーン。
まずは足の指に一本一本丁寧にテーピング。
その上からクリームを塗り、ソックスを2枚履く。
今回はこれが功を奏して、爪は剥がれてないし、マメは十円玉大のものが2個だけ。
上出来です(^^)。
体もテーピングして日焼け止めを塗る。

昨日洗濯したウェアーは乾いていません。
ジャングルの気温は高い、夜でも20℃くらい有ります。
そして湿度は100%に近い。だから洗濯してもなかなか乾かない。
毎朝冷たく濡れたウェアーを着ることになります。
着てると1時間ほどで乾くのだが、結局汗と川渡りで、すぐにずぶ濡れになるので、大して気にもならなくなりました。

朝もまだ真っ暗な中、みんな一斉にスタート。
JS5 (1)

いきなり川に入り水しぶきを上げて走っていく。
さすがにここで一人になると、コースロストの危険性が大きい。
周囲が明るくなるまでの2時間は、必死に前についていきます。

周囲が明るくなった頃、自分がアマゾン川のそばを走っていることに気がつきます。
JS5 (2)
JS5 (3)

周囲には時々家もある。
JS5 (5)

綺麗なビーチが続き、水平線が見えるほど広い川は、日本では想像できない雄大さを持っている。
今日は基本的にはビーチ沿いを歩いている。
途中幾つか川を渡るが、もはや川を渡ることに何の抵抗もなくなっています。
むしろ気持ちいい。

最初のCPではもう一人の日本人の三州さんに会う。
JS5 (4)
彼は実に20kgもの荷物を背負って参加している。
いつも最後尾でゴールしているが、決してくじけたり、諦めることなく、
最後まで走り続ける。
まったくもって頭が下がります。
そんな彼が今日は僕の前に居ました。
調子が良さそうです。

途中綺麗な花も咲いています。
JS5 (6)

日が昇るにつれて、アマゾン川が美しく見えてきます。
JS5 (7)
この辺りは何か特別な地区なのかな?
JS5 (8)

CP2を超えるとすぐに20mほどの川を渡ります。
胸まで水につかりますが、火照った体には気持ちが良いです。
JS5 (9)

その先には素晴らしいビーチが広がっていました。
JS5 (10)
JS5 (11)
南国の海顔負けの、真っ白な砂のビーチに真っ青な水と遮るものの無い、広い空。
JS5 (12)
JS5 (13)
自分がジャングルマラソンに来たのを、忘れそうになります。

途中からジャングルを通り抜けてダートに入ります。
ジャングルとダートを出たり入ったりを繰り返す。
途中のジャングルは相変わらずの倒木だらけ。
JS5 (14)
JS5 (15)
大きなアリ塚もあります。

僕はジャングルの中で、突然木が揺れるのを感じました。
何かいる!
僕も、ビタッと止まって動かずに周囲をみました。
緊張して周囲を見ます。
ジャガーだったらどうやって撃退するか!?
瞬時に色々な事が頭をよぎりました。

そしてまた、ガサガサっと大きな音がする。
今度は上の方から。
よく見ると猿でした。
JS5 (16)
ホッとしました。

ジャングルの中には、こんな大きな蜂の巣があります。
JS5 (17)

これは空き家ぼようですが。

今日は14時30分までにCP5を通過できなければ、CP5で明日の朝まで足止めです。
しかし思うようにスピードが上がらない。
昨夜の寝不足とこれまでの疲労でほとんど走れずに、休まず歩くのが精一杯。
14時30分までにCP5を超えることは早々に諦めて、体力の温存に勤めます。
各CPではしっかり給水、給食を採ります。
JS5 (18)

そして今回、またしても大きなロスをした。
ロードからジャングルに入る際に、こな看板がロード左の木の陰に出ていた。
ここからジャングルに入る。
JS5 (19)
しかしそれまでロードの右にずーっとリボンが結んで有ったので、
左はノーマークだった。
しかもロードでは、マークのリボンは50m~100mおきにしか結んでない。
それゆえ、あっさり左にあった看板を見落とした。
この看板を過ぎて400mほど行った所、リボンが無いのに気がついた。
しかしどこから無いのか分からないので、そこから200mほど進んでみた。
でも、やっぱりない。
慌てて引き返す。
そこで初めてこの看板を見つけた。
ここでは多くのランナーがロスとしている。

森の中でも同様に、突然リボンがメインの道を外れて、脇道に結んである事がある。
特に今日はそれが多く、中には5km以上進んでしまった人もいた。
JS5 (21)
ジャングルの中は鬱蒼としており、本格的にコースをロストしたら、まず戻れません。

こんな虫に気を取られていると危ないよ。
JS5 (20)

今日のロードも気温は40℃を軽く超えています。
JS5 (24)
小さなリボンを頼りに先に進みます。
JS5 (23)

途中シューズの中に入った、大量の砂を出します。
新品だったソックスは5日目にして穴があきます。
それだけ足の裏が擦れると言う事ですね。
JS5 (22)

遠くにはアマゾン川が見えます。
JS5 (25)

大きな樹の上には直径1.5mは有りそうな、蜂の巣が有り、周りで蜂が殺気立って飛んでいます。
JS5 (26)
刺激しないように下を通過します。

CP4を過ぎて15時に通過。
JS5 (28)
先を急ぎます。

暑さで歩くのがやっとですが、
時間は午後4時を回っています。
それでもこれまで最長の58kmは想像以上に遠く、暑さと湿気も相まって、疲労感はどんどん増えて行きます。
他の選手もスピードが落ち、道端で寝ている選手や休んでいる選手が目立つようになります。

今日のゴールまであと数キロですが、どうしても辛くて、村の中の綺麗な花の下で一休みです。
JS5 (27)
JS5 (30)
村の子供たちが様子を見に来ます。
JS5 (29)
写真を撮るとみんな嬉しそうです。
午後6時過ぎ、ようやくCP5に到着です。
僕はこの日は14時間以上かかって、真っ暗な中ゴールした時には、
ゴールと同時にしゃがみ込んで動けなくなるほどでした。
実は今回のこのキャンプ地点の森は、ジャガーが住んでいます。
そのため明るい時間に走り抜けられないと、非常に危険なため、
暗くなってからジャングルへ入ることを禁止しています。
でもキャンプ地点は火を焚いているので安全です。

今回はコースの厳しさもあって、時間までにこのCPを通過したランナーは14名だけ。
想定以上のランナーが、ここで足止めになりました。
僕もここまでは来たものの、疲労から、ハンモックを吊る体力すらなくなってます。
しばらく呆然としていると、スタッフの一人が、いい場所に案内してくれました。

夕食は食べる元気もありませんでしたが、無理にでも食べないと体力が持ちません。
多少虫が入っていても、気にせず食べます。
ここまできたら、自分の全てを出し切ってでも、ゴールすることだけに集中します。
食事もそこそこに眠りにつきました。

その日の夜、寝ていると、急に“ドスン”という、強い衝撃に見舞われました。
眠い目をこすりながら周りを見てみると、ハンモックを吊った木が折れています!?
僕の後からきたランナーが、同じ木に4人もハンモックを吊ったために、重みで木が折れてしまいました。
しかし起きて治す元気もなく、そのままハンモックにくるまって眠りました。

しかし明日はそれ以上の困難が待っていました。
そんな事知る由もなく、そのまま眠りに落ちました。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。