百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
グレートレース ブラジル ジャングル マラソン 完走記 7
休憩もそこそこに、ジェルだけの補給食を済ませてゴールに向けて走りだす。
ゴールまでは残り13km。
急げば明るいうちにゴール出来る。

しかし先を急いでいた僕は、ここで大きなミスを犯しました。
いつもなら必ず進む方向をCPのスタッフに確認するのだが、
急いでおり、ビーチ沿いに進む以外は確認しないで進みます。

僕はそれまで何回もコースロストしていたため、目印のリボンを常に探しながら進んだのですが、それが裏目にでます。
CPを出てビーチを200mほど進むと、30mほど離れた右手にリボンが見えた。
僕は迷わずにそちらに向かいます。
リボンは約5m間隔で綺麗に結んである。
ダートを抜けて、林に入り、小高い丘を登り密林に続いている。
丘の上からは周りの山が綺麗に見えました。
JS6 (36)
写真の左端にもリボンが見えますよね。

昨日はリボンの結び方に問題があり、ランナーのほぼ全員がコースを何度もロストしたため、かなり文句が出ていた。
そのためいつもよりも丁寧にリボンが結んであり、安心して先を急いだ。

必死に走り3.5kmほど行った密林の中で、突然リボンを見失った。
よく見ると5cmほどのすごく小さなリボンが2個結んであったが、その先が見当たらない。
周辺を探すがない。やや焦り気味に周囲を探すが全く見当たらない。
100mほど進んでみるがやはりない。
何度も最後のリボン辺りを行ったり来たりするが、何処にもリボンは無い。

やばい本格的にコースロストだ!!
でもここまでリボンは間違いなくある。

0分ほど探していると、三人組のランナーがジャングルから出てきた。
僕は慌てて叫ぶ
“コースロストした、30分ほど探している”。
すると彼らが言った。
“僕らは1時間以上探しているよ”。

そこで4人で周囲を探すがやはりリボンは見当たらない。
その中の一人が、コース戻ると言いだした。
時間はロスするが確かにそれしか方法がない。
戻れば他のランナーにも出会うはずだ。

僕はここで悩んだ。
”ここまで来て、戻るのはロスが大きい。一人でもう少し探した方がいいのではないか?”
しかし嫌な予感も有った。

ここで1時間近くリボンを探しているが、後から追ってくるはずのランナーが誰も来ていない。
確かに僕は、かなり走ったが、そこまで差はついていないはずである。

散々悩んだ挙句、他のランナーとともに戻る事にした。

周囲は薄暗くなってきた。
ライトをつけて、来た道を足早に戻る。
日が完全に落ちて、みんなでヘッドランプで照らしながら、ジャングルの中を逆走する。
しかしどこまで戻る?せっかくここまで頑張ったのに。

いやいやながら戻っているとあることが確信に変わる。
僕の後ろから来るはずのランナーが誰もこない。
いくら何でももう3時間近く、後ろのランナーが来ないなんておかしい。
明らかにどこかでコースを間違えている。
必死にリボンを確認しながら、真っ暗になったジャングルを必死に先ほどのCPまで戻った。

CPに着くと“どうしたの?”と聞かれた。
イギリス人のランナーが、途中でコースが無くなっていることを必死に説明した。
するとスタッフが主催者に連絡して、すぐに主催者のシェリーが来た。

みんなでシャリーに必死に説明しする。
するとシェリーは笑いながら言った
“ごめんなさい。そのコースは川が増水して通れなくなった時のために、
迂回路として途中まで作ったんだけど、川沿いがそのまま通れたので、そのコースはやめたのよ”

おい!
それはあんまりじゃないか!みんなさすがに怒っている。
僕もガックリ来て座り込んだ。ここまで道に迷う事3時間30分。
本来ならとっくに次のCP(8km先)を越えてえてその先のゴール(さらに4km先)についていてもおかしくない時間である。
さすがに僕も心が折れた。
立ち上がる元気が出ない。

するとシェリーが言った。
“次のCPまでボートで送るから、そこから先は歩いて行って”。 

マジでそんなのアリなんだ。僕ら4人は迷わずにボートに乗り込んだ。
考えてみたら、もしこの三人と会わなければ、
僕は間違えなくジャングルで一人でハンモックで寝ることになっていただろう。
しかもそのまま行方不明でヤバい事になっていた可能性が大きい。

考えようによってはラッキーだったかな。
何て考えていたら、一緒に迷っていたランナーが言った。
“そんな難しい顔するなよ。他のランナーと違う道を走れて、
ボートで8kmも送ってもらって、楽しいじゃないか。笑って笑って”。

確かにそうだな、この前向きな性格があるからこそ、こんな厳しいレースに完走できるんだな。
トラブルも楽しまないと損だね。
そんな風に思えてきた。

ランナーは国境を問わず、前向きで明るい人が強い気がします。

みんなで笑っていると、乗っているランナーが5人に。
あれ?あなたは確か先ほどのCPで、足が痛くて休んでいたランナーですよね。
彼は道に迷ってないが、チャッカリボートに乗り込んでいた。
これもこんな大会ならでわですね。
少し心が和みました。30分ほどで次のCPに到着した。
そこからはまたビーチをひたすら歩く。
一緒に上陸した他のランナーは、あっという間に先に行って見えなくなった。

僕は走る元気もなく、ひたすら歩くこと1時間30分、ようやくゴールに到着した。
しかしそのまま動けなくなった。
安堵と疲労から力が入らない。
しばらく座り込んでいると、見かねたスタッフが、ハンモックを吊る場所に案内してくれた。
僕はゆっくりと体を動かしながら、ハンモックを吊って、いつものように洗濯、食事をしていた。
他のランナーも食事もそこそこに眠りについている。

とにかく今日ゴール出来た事に感謝しよう。
一人でジャングルで寝るよりも、はるかに安心だ。

明日はいよいよ最終日。
やっとここまで来た。

少し安心しながら眠ることができた。

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。