百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
サハラマラソン ナミビア編 3
朝はまだ日が昇る前に、寒くて目がさめた。

まだ5時30分。
外は真っ暗だが、西の空が少し赤くなってきている。

テントの外は風が強く、寒く感じる。

いよいよレースが始まる。

足にマメ防止のテーピングをして、着替えをすませると6時10分ぐらいだ。
外は徐々に明るくなってきた。

テントの外がなにやら騒がしい。
出てみると、昨日荷物が到着していなかったメンバーのスーツケースが届いている。
なんと大会側が、飛行場からトラックで運んできていた。
みんな慌てて荷物を詰め替えているが、昨日買った物とどちらを使うか、
ゆっくり選んでいる暇もない。
朝食を食べながら、みんな大忙しで準備に追われている。

ここはナミブ砂漠。
砂漠とはいえ、海に2〜3kmしか離れていない。
風が強く、朝は霧も出ている。

スタート30分前にはコースのブリーフィングがある。
毎朝恒例の風景だ。
僕は毎回あんまり聞いていない。
英語が苦手なこともあるが、
どんなコースか知らない方が、楽しみが増えていいかな(^^)。
準備をしていて、大変なことに気がつく。
短パンと手袋が片方無い。
おそらく昨日の荷物チェックの時に、どこかに落としたのだろう。
仕方がないので、タイツだけはいて、手袋は片手で走る事にした。
初日から、若干心が折れそうになる。

ナミビア初日  (1)
朝8時。
いよいよレースがスタートした。
みんな勢いよく走っていく。
初日のスタートはいつもこんな感じだ。
ナミビア初日  (2)
ナミビア初日  (3)


僕は今回、足の調子が悪い。
昨年のジャングルマラソンで痛めた足が治っておらず、
左の鼠径部に痛みを抱えて走ることになった。

初日は足の調子を見るためにも、控えめな走りを心がける。

いつも通りの最後尾からのスタートだ。

スタート前は寒くて、レインウェアーを上下着込んでいたが、
走るとすぐに熱くなって、20分ほどで脱いでしまった。
ナミビア初日  (9)
ナミビア初日  (10)

CP1までは比較的痛みもなく順調に走る。

ここはどこの砂漠とも違い、独特な雰囲気をもった、
ナミブ砂漠独自の風景が広がる。
ナミビア初日  (8)
ナミビア初日  (7)

特に今回は”スケルトンコースト”と呼ばれる、海岸線からすぐに砂漠につながる地形を走る。

CP1を出てから数キロ進むと海岸に出た。
ナミビア初日  (11)
ナミビア初日  (12)

どこか寒々とした海で波も高く、砂漠=暑い=青い海の想像とはまったく違う、
生物が住むのには厳しい環境を思わせる海が続いている。

海沿いにはアザラシや海鳥の骨が、いたるところに落ちている。
これもまた、環境の厳しさを物語っていた。


古く錆びた難破船の横を通り過ぎると、CP2があった。
ナミビア初日  (4)
ナミビア初日  (5)
ナミビア初日  (13)

ここまでゆっくりながら、ほとんど走れている。
無理をしないで今日はこのまま進んでいこう。
ナミビア初日  (15)
ナミビア初日  (14)
ナミビア初日  (16)
長い長い海岸線を走っていき、しばらくするとCP3が見えた。
今回は砂漠というより、砂浜を走りに来ているようだ。

休憩もそこそこに、CP3を後にする。
ここまで追い風が多く、比較的順調に進んできたが、
ここに来て、やはり足の痛みが出てくる。

コースも海岸から内陸に入り、ダートな道を進んで行く。

内陸も独特の地形がある。
石は紙のように、薄く割れている。
寒さと暑さの繰り返しに、強い風の影響もあって、刃物のように薄い石が点在する。
転んだら大けがだ。ナミビア初日  (6)


追い風で走りやすいが、風が強いために砂粒が素肌に当たって痛い。
かなりの強風だ。
ナミビア初日  (17)
ナミビア初日  (18)
ナミビア初日  (19)
ナミビア初日  (20)

歩きと走りを交互に入れて5時間13分でゴール(90番代)した。
ナミビア初日  (21)

全体では真ん中よりもやや前の方でのゴールだ。

思ったよりも走れたので少しホッとした。


テントに帰ってみると、なんとすでに全員帰ってきていた。
なんとテント8人の中でドベだった。
みんな速い!!

それもそのはず、同じテントの仲間のうち、4人のドイツ人は
去年のジャングルマラソンで優勝したトーマスとその仲間だった。
そりゃ早いよね。
他のメンバーは、メキシコ人男性1に、アメリカ人女性一人、日本人女性1人。

みんな速い。

明日からもう少し早く走ります。(^^;)

今日も風が強く、みんな焚火の周りで暖を取りながら、思い思いに今日の話をしながら夕食を食べた。
ナミビア初日  (22)


スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。