百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
サハラマラソン ナミビア編 6
レースも4日目です。

今日も単調なコースなので、
いつもと趣向を変えて、今日はランナーの表情やボランティア、砂漠の生き物を少しお見せします。

まずはスタート前。
朝日が昇る前から、みんな準備にかかります。
ナミビア4日目  (2)
ナミビア4日目  (1)

僕はいつもスタートの2時間前に起床です。

中には45分前まで寝ているランナーもいますが、そうした人は着替えもなく、
荷物も軽装のランナーです。

今日も長い一日の始まりですが、なぜかみんな楽しそうです。
ナミビア4日目  (3)
ナミビア4日目  (4)

スタートの合図で、みんな一斉に走り出します。
朝はみんな元気です。
ナミビア4日目  (5)

表情も明るいですね。
ナミビア4日目  (6)
ナミビア4日目  (7)
ナミビア4日目  (8)

コースは比較的単調です。
CP1~2までは緩やかな上り坂です。
ナミビア4日目  (9)
ナミビア4日目  (10)
ナミビア4日目  (11)
ナミビア4日目  (12)
でも西部劇に出てきそうな砂漠が続きます。
ナミビア4日目  (13)
ナミビア4日目  (14)
遠くの山が浮いて見えます。
蜃気楼に近いですね。

チェックポイント(CP)はいつも、どこでもこのスタイルです。
ナミビア4日目  (15)

小さなゲイトが設けられて、、白い屋根のテントを張ります。
その下にはビニールのシートが引かれ、小さな椅子が並べられます。
みんなそこで腰を下ろし、荷物を置いて、給水したり食事をとったりします。
中には給水だけ済ませて、足早に先を急ぐランナーもいます。
たまに日本人のボランティアスタッフがいます。
こういう場所で日本語を聞くと、なんだかすごく新鮮に感じます。
ナミビア4日目  (20)
ナミビア4日目  (16)
ナミビア4日目  (28)
このCPは三つとも違うCPですが、つくりは同じです。
こうしたテントやCPで使う水やごみ箱、またランナーが残していったごみの管理までします。
ランナーがスタートする前に、それぞれのポイントまで行って準備をします。
僕たちのスタートは朝8時、起床は6時くらいですが、スタッフは4時くらいから起きて
真っ暗な中で準備をしてキャンプ地を後にするそうです。
本当に大変ですね。
ここでのボランティアは、日本とは違い本当にボランティアです。
世界中からボランティアが集まってきますが、現地までの交通費、個々の食費などはすべて自腹です。
中には数十万円もかっけてボランティアに来る人もいます。
もらえる物は、お揃いのTシャツだけです。
それもランナーとボランティアの区別をするために必要だからです。
日本のマラソン大会とは大違いですね。


今は砂漠を走っています。
砂漠とは言え、やはりそこには生き物の存在があります。
ナミビア4日目  (18)
ナミビア4日目  (17)
ナミビア4日目  (19)

こうした植物や昆虫、トカゲの類は、ほとんどどこの砂漠でも存在します。
実にたくましく、ユニークに生活しています。
人間が弱っちく感じます。ナミビア4日目  (21)

前回もお話しした、この植物”奇想天外”は、この砂漠では非常に長寿で大きさ生物です。
ナミビア4日目  (22)

よく見てみるとそこにはたくさんの昆虫が生活しています。
ナミビア4日目  (23)
ナミビア4日目  (24)
ナミビア4日目  (25)
彼らにとっては十分な大きさの家ですね。

同じテントメイトのアレックスです。
動画を取りながら走ってました。
ナミビア4日目  (26)
ナミビア4日目  (27)

またシンガポールから参加の彼女は、マラソン大会にもほとんど出たことがないのに
いきなりの参加です。
でも常に僕と同じ順位を走っていて、すごく強かったです。
ナミビア4日目  (30)


今日のコースは簡単だったので、予定よりも1時間ほど早く到着しました。
ナミビア4日目  (29)

ナミビア4日目  (31)
ナミビア4日目  (32)

少しだけ長めに休息できます。
ナミビア4日目  (33)
今日は大会側からジュースの差し入れがありました。
こういう場所で飲むジュースは最高ですね。
ナミビア4日目  (34)

夜になると現地スタッフの人が焚火の周りで、歌って踊って。
みんな楽しそうです。
ナミビア4日目  (35)
ナミビア4日目  (36)

この国やこの場所は、日本のように高度な電気機器はありません。
でもその分、みんなで声を掛け合って、楽しく夜を過ごしています。
人の生活は何が幸せで何が不幸なのか、考えてしまします。

日本にいると携帯電話が繋がらないだけで不安を感じたり、明かりがないだけで恐怖したりします。
日本では僕も毎日形態とテレビと車が必需品です。
それがなければ生きていけません。
でもここでは無いことが当たり前。
そんな生活を一週間も続けると、なんだか凄く気分がリラックスできて体や思考がリセットできます。
本当に必要なものが何なのか考えてしまいます。


さて明日も走ることだけ考えて、前に進んでいこう。



http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
















スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。