FC2ブログ
百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎甲州街道マラニック216km
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
◎ナミビア・ナミブ砂漠 250km
◎アルゼンチン・パタゴニア 250km
◎モンゴル250km
◎マナスル 170km
など、200km以上のウルトラマラソンに26回完走。

今年はニュージーランドとケニアの250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (562)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (186)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (31)
自転車・バイク (0)
映画 (3)
ステージレース、グレートレース (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マナスルトレイルランニング 完走記!? 3
寒い朝。

気温は3℃くらいでしょうか?
ここの標高は645mほど。(これからの高度はガーミンで実測したものですので誤差があります)
IMG_4347.jpg
朝ごはんはこんな感じ。炭水化物中心です。
これは全て準備してくれます。
RIMG4092.jpg


ここSotikholaは登山者の入り口になります。
RIMG4097.jpg
よってここまではバスで来る人が多いです。
RIMG4095.jpg
小学生も家のお手伝いをしています。

今日はステージ1、Sotikhola〜Tatopaniまでの16kmです。
1840m登って1540m降りる予定です。

スタート地点までは宿から10分ほど歩きます。
RIMG4094.jpg
すぐに吊り橋がありますが、しっかりしています。
RIMG4104.jpg

ここから先、こうした吊り橋を数十回渡ります。
なぜきちんとした橋でなく吊り橋なのか?
最初は予算的に安いからと思ってました。
しかしおそらくしたの谷や川を見ると、
大きな岩がゴロゴロしているので、橋桁を作ると土石流で流されてしまうのでしょう。
ここヒマラヤ地方はそんな場所なのです。

スタート地点ではみんなで記念撮影。
RIMG4093.jpg
この女性二人はネパールの招待選手。
16歳と18歳と若いですが、素晴らしく速いです。

そして日本人メンバーで記念撮影。頑張りましょう。
RIMG4109.jpg

さてみんなが揃っていよいよレースがスタート。
RIMG4110.jpg

いつもよりも緊張感がないレースの始まりです。
RIMG4111.jpg
RIMG4113.jpg

最初の500mほどは大きな道を走りますが、すぐに急な山道に入ります。
いきなりの急勾配。RIMG4116.jpg

ここからの7〜8kmで約2000mを登ります。
疲れないように、慌てないように慎重に登りますが、すぐに息が切れます。

まずは登り始めて1kmでいきなりビックリ。RIMG4117.jpg
なんと幼児がお母さんに手を引かれて降りてきた。
まじか!!
おそらくこの親子は毎日この坂を通学?していると思われます。

それから何組かそんな親子に出会いましたが、1時間しても建物なんて出てきません。
何組かすれ違った親子はどこから来たんだ?
そんなことを考えていますが、とにかく坂がきつい。
1時間で3km進まない。
かなりハードです。

1時間を過ぎた頃、ようやく一件の小屋がありました。
RIMG4118.jpg
木のつっかえ棒で立ってます。
初めて見る、スリル満点のお家です。

RIMG4121.jpg
それからさらに1時間登ると、時折地元民が歩いています。
RIMG4122.jpg
中には大きな荷物を持っている人もいます。
RIMG4123.jpg
僕は2時間登り続けて太ももパンパン。
この人たちは、毎日この道を往復して荷物を運んでいるのです。
恐るべき体力です。

登り始めて2時間ちょっと、ようやく村が見ててきました。
RIMG4124.jpg
小さな滝がいくつも有るので、水は大丈夫そうです。RIMG4128.jpg

RIMG4125.jpg
道端にいた少女に、”頂上はまだか?”と尋ねると、
”すぐそこ”と答えました。

俄然やる気になって登りますが、30分登っても頂上に到着しません。
”すぐそこってどこ?”なんてボヤキながら登っていたら、
とうとう足が限界に。
今まで攣ったことのない、太ももの内側の筋肉、内転筋群のどこかを攣った。
痛い、無茶痛いです。
立てなくて5分間休憩を兼ねてストレッチ!

休憩しながら見下ろすと、下には登ってきた谷が見えています。
RIMG4131.jpg
RIMG4134.jpg

結構登ってきました。
この辺りは米が主食なので、稲作をしています。
段々畑が無数に連なっています。
毎日こんなところで生活してたら、足腰強くなりますね。

さて攣りも治まったので、また登ります。
RIMG4136.jpg
こんな感じの道をひたすら登ります。
道幅は1mほどしかありません。
RIMG4138.jpg
特にロバとすれ違う時には注意が必要です。
谷側に居ると、ロバは避けてくれても、ロバの背負っている荷物で弾かれて
谷に転落してしまいます。
ロバを避ける時は、”山側に”、が鉄則です。
気を緩めると崖から転落。本当に死んでしまいます。
注意しながら登ります。

登りだして3時間が過ぎた頃、ようやく今日の最高地点2440mに到着です。
ホッとしたのもつかの間、なんとここにも集落がありました。
RIMG4139.jpg
RIMG4140.jpg

しかも結構人が住んでいて、学校もあるようです。
子供達もいます。
RIMG4142.jpg
RIMG4143.jpg
ここでの日常が想像できません。
世界は広いです。

さてせっかく登りましたが、ここからは下ります。
約1500mの下りです。
RIMG4144.jpg
RIMG4146.jpg
登りで疲れ切った太ももには、下りは堪えます。

しかも絶壁のような登りもあります。
RIMG4149.jpg

途中他の集落もあります。みんな生活しているし、身なりもおしゃれです。
RIMG4150.jpg
RIMG4151.jpg
RIMG4154.jpg

細い崖沿いの道を下ると、1時間ほど下るとそこに集落がありました。
RIMG4156.jpg
RIMG4157.jpg
RIMG4158.jpg

忘れてましたがようやくCP(チェックポイント)です。
RIMG4159.jpg
基本的に、この大会ではCPは一箇所だけです。
しかしすでにここまでで、本日の予定の距離の16kmを超えています。
いったいどこまで行くのか見当がつきませんが、とにかく前に進みます。

RIMG4160.jpg
ここからは川沿いを進みますが、もちろん道もあるような、ないような。
土砂崩れで頻繁に道が遮られていますが、お構いなしに進みます。
RIMG4161.jpg
吊り橋ではロバが優先。
みんなが渡り切るのを待ちます。
RIMG4163.jpg

そして7時間42分。24.76km。
ようやく今日の宿泊施設に到着です。
RIMG4166.jpg

IMG_4350.jpg
IMG_4349.jpg

長かった〜、きつかった〜!

でもここはチョロチョロと温泉が出ていて、頭が洗えたので、すっきりしました。
洗濯も済ませて明日に備えます。

ブリーフィングは食事をしながらです。
RIMG4169.jpg

ちなみに、着替えや寝袋など、おおきな荷物はロバが運んでくれます。
ランの時は行動食を持ちますが、行動食も毎日もらえます。
りんご、ナッツ、小麦で焼いた薄いパン、ドライフルーツが中心です。

今日も寝袋で寝ます。
僕は寝袋がマイナス2℃までしか対応しておらず、この先が心配です。
今日で分かったことは、主催者の距離にはかなりおおきな誤差があるということです。
でも到着して良かったです。
とにかく疲れました。
ゆっくり眠れそうです。

おやすみなさい。

累積高度 登り2743m 下り1949m
最高高度 2440m
距離 24.76km

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。