FC2ブログ
百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎甲州街道マラニック216km
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
◎ナミビア・ナミブ砂漠 250km
◎アルゼンチン・パタゴニア 250km
◎モンゴル250km
◎マナスル 170km
など、200km以上のウルトラマラソンに26回完走。

今年はニュージーランドとケニアの250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (562)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (186)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (31)
自転車・バイク (0)
映画 (3)
ステージレース、グレートレース (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マナスルトレイルランニング 完走記!? 9
昨日やっとの思いでここまで到着したものの、
今朝は朝から絶不調。
咳がひどくて歩くのも辛い。

今日は朝からみんなでピクニックの予定でした。
中国国境まで標高5000m超を経験するはずだったのですが、
寝込んでしまって動けず。
息を吸っても空気が入ってこない。

そこで遠足は不参加して、近くの山を2〜3km登りました。
少しでも高度順応しておかなくてはいけません。

そんなメンバーも10人ほどいたので、一緒に登りました。
RIMG4495.jpg
泊まっている宿から見えている山を登ります。
高度は200mほど登るだけですが、十分きついです。
でも景色は素晴らしい。
IMG_4376.jpg
IMG_4375.jpg
IMG_4374.jpg
IMG_4373.jpg
IMG_4372.jpg
みなんで日向ぼっこです。
RIMG4498.jpg
RIMG4505.jpg
牛も寄ってきます。RIMG4496.jpg
誰かが”ピザとワインを宅配しよう”と言ってました。
こんな景色の中で食べたら最高でしょうね。

RIMG4507.jpg
RIMG4508.jpg
RIMG4510.jpg


体調不良の僕は、一足お先に宿に戻ります。
RIMG4513.jpg
RIMG4511.jpg
途中石にお経が彫ってありました。
こんな小さな村にまで、宗教が浸透しています。
チベット仏教はすごいですね。

僕は昼には宿に帰りましたが、ついにダウン。
熱も出てきたので、昼食も食べずに寝ることにしました。

夕方、中国国境に行ってきた仲間が帰ってきました。

しかし僕の具合があまりに酷くなっていたので、すぐに主催者を呼びに行き、
主催者のチャールズと医師が部屋まで来てくれました。
そこで、翌日の峠越えは無理と判断され、僕は馬で峠を越えることになりました。
ヒマラヤまで来てなんたる失態。
かなり凹みましたが、とにかく回復を待つしかありません。
ペラペラなシュラフしか持っていない僕に、シュラフカバーを貸してくれた友人に感謝です。
お陰様で寒くなく休めました。

翌日は5106mの峠越え、なんとか自分の足で超えたいものです。
治るかな・・・?

http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。