FC2ブログ
百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎甲州街道マラニック216km
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
◎ナミビア・ナミブ砂漠 250km
◎アルゼンチン・パタゴニア 250km
◎モンゴル250km
◎マナスル 170km
など、200km以上のウルトラマラソンに26回完走。

今年はニュージーランドとケニアの250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (562)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (186)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (31)
自転車・バイク (0)
映画 (3)
ステージレース、グレートレース (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マナスルトレイルランニング 完走記!? 10
今日も朝から絶不調。
でも解熱剤と風邪薬(抗生剤?)と点鼻薬が効いたのか、
昨日よりは少しいいかも!?

でも食べてないので歩けません。

みんなは朝4時から随時スタート。
一斉スタートではないみたいです。

真っ暗な中を登っていきます。
気温はマイナス7℃くらい。

僕は最後尾から馬(ポニー)に乗って出発です。

真っ暗な中を明かりもつけずに進んでいきます。
暗闇でも見える馬は、明かりに驚いてうまく歩けないんだそうです。

時々ある沢の流れは凍っています。

そこは馬もツルツルに滑るので、僕も降りて慎重に氷の上を歩きます。
もし滑り落ちたら、数百mは滑落します。
慎重に慎重に。

2時間位すると、周囲も明るくなってきます。
山々の影がはっきりしてきます。
IMG_4382.jpg
RIMG4515.jpg
シェルパーさんが馬を引いてくれます。
細い道も上手に進みます。
RIMG4517.jpg
馬は本当に賢いですね。

風が冷たいと感じていたら、真横には氷河が流れていました。
RIMG4519.jpg
この辺りはいたるところに氷河があります。
でもそこに人が住んでいる。
本当に厳しい自然環境だと思います。

今日は天気も良く、一段と冷えます。
RIMG4520.jpg
RIMG4521.jpg
RIMG4523.jpg
周囲は雪もありますが、この時期でも深くありません。
むしろ大地は乾いている印象です。
RIMG4524.jpg
岩場から時々鳴きウサギの声が聞こえ、可愛らしい姿を見せてくれます。
残念ながら、写真は撮れませんでした。

お昼ぐらいには休憩施設へ到着です。RIMG4526.jpg
ここは標高5000m!
にもかかわらず、ここでも人が待機していて、時々通る登山者にお世話をしています。
ネパール人は凄いです。

少しの休憩ののち出発します。
あと2kmほどでピークになります。
RIMG4527.jpg
RIMG4528.jpg
RIMG4529.jpg

しばらくして馬を降りました。
ここから500mほどですが、自分で歩きます。
RIMG4531.jpg
RIMG4532.jpg
呼吸が苦しいので、本当にユックリ、ユックリ進みます。
そしてここがピーク5106mです。RIMG4537.jpg
RIMG4539.jpg
RIMG4538.jpg
RIMG4540.jpg

周りは何もありません。
荒涼としていますが、砂漠とは違い、そこはかとない冷たさと、生物を拒絶する
厳しさを持っています。
そして体に纏わりつく空気がありません。
体を動かしても、空気抵抗がないので、スカスカしています。
まさに地球の屋根に少し近づいた瞬間です。

ここで空気が薄いことを説明します。
僕も体験では、空気が薄いことと、酸素濃度が低いことは全く別物です。

ここに来る前に、低酸素トレーニングに10回ほど行きました。
そこは1気圧で酸素濃度が15%前後。
ここではどんなに運動してもSpO2は低下しても、苦しくはなりません。
誤解している人も多いと思うので簡単に説明しておきます。
人間は酸素が少なくなっても苦しくはなりません。
もちろん頭がぼーっとしたり、めまいがしたり、眠くなったりまします。
これは脳みそが酸欠になるからです。
しかし息苦しさを覚えるのは、体に二酸化炭素が溜まった時です。
運動することで体に大量の二酸化炭素がたまります。
これを体外に効率良く排泄するために呼吸が速くなります。
呼吸中枢は血液中の二酸化炭素の量で支配されているのです。
つまり空気が薄いと、この二酸化炭素がうまく排泄できません。
そのため高所では息苦しさを感じますが、同じ酸素濃度でも、
1気圧では苦しさを感じないのです。

実際昨年の5月のエベレストマラソンでは3人が亡くなっています(一人は行方不明)が、うち2人は
寝ている間に低酸素脳症になって亡くなったと考えられます。
本当に低酸素で、呼吸が苦しくなれば、必ず目が醒めるはずです。
しかし低酸素では苦しくないために、寝ていると気がつかないのです。
皆さんも気をつけてくださいね。

ちなみにこの馬が僕を乗せてくれたポニーです。
大人しくて賢くて、本当にいい子です。
RIMG4541.jpg

さて僕はここから下りますが、同じように体調の悪い人数名が、”私も馬に乗りたい”と言いだしたので、
交代に乗りながら山を下ります。
ここからは10kmほどの下になります。
周りはだんだん暗くなります。
霧も出てきました。
RIMG4545.jpg
山が夕日に照らされたと思っていたら、あっという間に周りは暗闇に包まれました。
RIMG4546.jpg
灯りもつけずに、真っ暗な中をひたすら馬に乗って降りていきます。

寒さに耐えながら、やっと到着したのは、出発から15時間が経過した夜の8時過ぎでした。

同室の日本人が待っていてくれました。

暖かい食事が本当においしかったです。

ここは標高3500m。
空気もあります。
何とか無事に終わりそうです。

今日はとにかく寝ます。


http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。