FC2ブログ
百花繚☆RUN:砂漠、南極、ジャングル、ヒマラヤなど極地を走るウルトラランナーのブログ
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎甲州街道マラニック216km
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
◎ナミビア・ナミブ砂漠 250km
◎アルゼンチン・パタゴニア 250km
◎モンゴル250km
◎マナスル 170km
◎ニュージーランド250km
◎レンジャーウルトラ(ケニア)250km
など、200km以上のウルトラマラソンに28回完走。
ステージレースに14回完走

今年はニュージーランドとケニアの250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (570)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (186)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (31)
自転車・バイク (0)
映画 (3)
ステージレース、グレートレース (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レンジャーウルトラマラソン in ケニア 2
待ちに待ったレンジャーウルトラマラソンが始まります。

まず何故このレースがレンジャーウルトラと呼ばれるのか?
それは大会の趣旨が、日頃からアフリカの、ケニアの野生動物を守っているレンジャー部隊の
活動支援を目的にしています。特にサイを中心に大会参加費が寄付されます。
そのため順位の表彰はありません。

また野生の動物が多く生息する場所を走るため、コース上にレンジャーが点在し、
ランナーを野生の動物から守ってくれます。

この大会に参加するのは、日本人10人を含めて全部で68人。
非常に贅沢な大会で。
Team 百花繚☆RUNのメンバーも4人が参加します。
DSC00118.jpg

このチームもステージレース参加者が延べ6人が、延べ21レースを走っている
全国一の経験数と参加数を誇れるチームなりました。

朝の気温は13〜4℃と少しヒンヤリします。
それでも心はウキウキワクワクです。
朝のブリーフィングでコースの説明があります。
DSC00107.jpg
綺麗な鳥も聴きに来ています。
DSC00110.jpg

どんな動物に会えるのでしょうか?


アカシアの森の中を、カウントダウンでスタートします。
DSC00124.jpg

空気は乾燥しているので、水は1.5〜2リットルは持って走ります。

みんな笑顔です。
DSC00129.jpg
DSC00130.jpg

レンジャーも応援してくれています。
DSC00134.jpg

みんな体格も良く、鍛えられた肉体をしています。

木にはハタオリ鳥の巣が沢山ぶら下がっています。
DSC00140.jpg

こうして下向きに巣の入り口を作るのは、ヘビなどの天敵に卵や雛を狙われないようにするためです。

スタートして間もなく、街を抜けます。
DSC00135.jpg
DSC00136.jpg
DSC00137.jpg

こちらではこうした集落を”コミュニティー”と呼びます。
こうしたコミュニティーの周りは、動物除けのために柵で囲われていることが多いようです。
子供達が応援に来てくれます。
DSC00154.jpg

ケニアには100を超える部族が暮らしており、今でも宗教上の理由や生活環境の違いから
部族間闘争が絶えません。
許可なく写真を撮ったりするのは注意が必要です。
DSC00141.jpg
DSC00143.jpg
コミュニティーの出入り口には、必ずこうしてワイヤーがぶら下がってます。
大型のキリンや像が入ってこなくなるそうです。
10kmほど走って最初のCPに到着です。
DSC00145.jpg
DSC00147.jpg
ここでは他のレース同様に水分の補給が行えます。
僕もハイドレーションにはいつも紅茶を入れるので、ここで紅茶を追加します。

周囲は広大なサバンナが広がります。
気温も上がり空気が乾燥してきます。
DSC00149.jpg
DSC00151.jpg
DSC00152.jpg

CPを出て小高い丘を登っていると、レンジャーと大会スタッフが双眼鏡で何か見ています。
DSC00161.jpg
DSC00162.jpg
山の中腹に像がいるみたいです。
直線距離で1km以上離れています。
DSC00160.jpg
写真に写ってますがわかりますか?
像がいる中を走れるなんて、興奮しますね。

また8kmほど行くとCPがありました。
DSC00164.jpg
DSC00165.jpg
DSC00166.jpg
DSC00168.jpg

みんな思い思いに補給し、休息をとります。
暑さで熱中症気味の選手もいました。

僕は比較的暑さに強いので、今のところ大丈夫です。
雄大なアフリカの大地は地平線を見るとこもできます。
DSC00170.jpg
DSC00175.jpg
DSC00176.jpg

しばらく進むとまたスタッフが何やら写真を撮っています。
”何を撮ってるの?”
と聞くと、
”見てごらん、あの岩がライオンキングに出てくるプライドロックのモデルになった岩だよ”
と教えてくれます。
DSC00180.jpg
確かに見たことのある岩の形です。
何だか現実とは思えない場所を走っている自分が、嬉しくてたまりません。

アフリカの景色の中でも印象的な、アカシアの木が沢山生えています。
DSC00187.jpg

景色のいい場所ではレンジャーが見張りをしています。
DSC00181.jpg
下の方にはCP3が見えます。

DSC00184.jpg
ここでもしっかり水分を補給します。
DSC00185.jpg

サバンナを走ること5〜6km。
ゴールまで残り2kmの場所では、キリンが走っていました。
DSC00191.jpg

まさにアフリカですね。

ゴールは林の中にあります。

ゴールするとすぐに荷物を降ろして、毎朝もらうGPSを返却します。
これが600gくらいありかなり重いです。
DSC00035.jpg

涼しくて過ごしやすいです。
DSC00192.jpg

そしてテントの中には簡易ベッドが置かれています。
荷物を置くスペースも十分に広く準備されています。
DSC00193.jpg

しかも近くにはシャワーもありました。
近くの沢の水なので、少し濁ってますが、汗を流しには十分です。

僕の中では、至れり尽くせりの素晴らしい大会です。

今日はみんなも順調に進んだようで、夕日を見ながらみんなでご飯を食べました。
DSC00194.jpg
DSC00198.jpg

初日から遠目でしたが野生の動物に会えたり、プライドロックをみれたりと
大満足の1日でした。

夜はキャンプ地から出なければ自由に動けます。
DSC00036.jpg

空は綺麗です。満点の星空の下、野生の動物の息使いを聞きながら眠りにつきます。
でもワクワクでなかなか寝付けない初日でした。



http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN:砂漠、南極、ジャングル、ヒマラヤなど極地を走るウルトラランナーのブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法