FC2ブログ
百花繚☆RUN:砂漠、南極、ジャングル、ヒマラヤなど極地を走るウルトラランナーのブログ
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎甲州街道マラニック216km
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
◎ナミビア・ナミブ砂漠 250km
◎アルゼンチン・パタゴニア 250km
◎モンゴル250km
◎マナスル 170km
◎ニュージーランド250km
◎レンジャーウルトラ(ケニア)250km
など、200km以上のウルトラマラソンに28回完走。
ステージレースに14回完走

今年はニュージーランドとケニアの250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (570)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (186)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (31)
自転車・バイク (0)
映画 (3)
ステージレース、グレートレース (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

れんじゃーウルトラマラソン in ケニア 3
レース二日目。

涼しく感じる朝、まだ薄暗い中で、猿の鳴き声で目がさめる。
DSC00205.jpg

昨日の疲れもなく気持ち良くスタートを迎えた。
DSC00200.jpg
DSC00204.jpg

今日は軽い登りからスタート。
綺麗な青空が印象的な朝でした。DSC00209.jpg

昨日と同様にサバンナを進みます。
まだこの辺りは動物は少ないようです。
DSC00210.jpg
それにしてもどこまでも進む草原は、昨年走ったモンゴルとは違う美しさと、
どこからか動物が飛び出してくるかもしれないという期待感に包まれています。
いつも以上に、周囲に注意を払いながら走ります。
なんとも言えない緊張感があります。DSC00212.jpg
レンジャーの隊員4人も、同じコースを参加します。
歩くのがとても速いです。
DSC00213.jpg
DSC00215.jpg
DSC00218.jpg
遠くにうっすら見える3つの尖った山がケニア山です。
キリマンジャロほど有名ではありませんが、標高は5199mあり、途中ロッククライミングも必要なことから、
決して容易な山ではありませんが、キリマンジャロに次いで人気の山です。

DSC00220.jpg

今回はこうしたダートを進みます。
常に車で見張りをしながらレースを進めるので、安心感も高いですよ。
DSC00221.jpg
今回道標は、いつものビニールテープではありません。
写真にあるように、道の真ん中に白い石灰の粉を巻いていきます。
矢印よりもこの方がヘリから発見しやすいようです。
ケニアでは環境汚染の観点から、日本で言うところのコンビニ袋は禁止、5リットル以下のペットボトルも禁止されており、これは観光客にも適応されます。ちなみにみんなエコバックや紙袋を使用しています。
日本のような先進国が、未だに大量のコンビニ袋を使用しているのは如何なものかと考えさせられます。


CP1に到着する頃には、気温も30℃近くなり、暑さを感じてきます。
DSC00222.jpg
DSC00225.jpg
写真のようにヘリも低空飛行でランナーを監視します。
DSC00230.jpg
どこまでも続くまっすぐな道に、アフリカの広さを感じます。

しばらく行くと道の脇で猿が騒いでいます。
DSC00233.jpg

バブーンと呼ばれるヒヒの仲間で、凶暴性が高く、ヒョウやハイエナと争うこともある気性の荒い猿です。
何やらオス同士が喧嘩しています。
その距離20mくらい。
刺激しないようにそっと通り抜けます。
今までのステージレースではない緊張感です。

人の住んでいた形跡がみられます。
もしかしたら遊牧民の基地かもしれません。
DSC00234.jpg


乾期でもあるので、暑さも増してきます。
でも乾燥が強いので、汗は滴る前に乾いていきます。
DSC00235.jpg
DSC00238.jpg
このレースでは見晴らしのいい場所にCPがあります。
色々な意味で助かります。

DSC00242.jpg
DSC00249.jpg
途中に飛行場がありました。
ここからサファリの監視や遊覧にいきます。
DSC00253.jpg

CP3に到着です。
いつも暖かく迎えてくれます。
DSC00254.jpg
DSC00255.jpg
CPのそばにはヘリが止めてあり、非常事態にはすぐに発信してくれます。
今回も何人かは熱中症のため、ヘリで搬送されていました。

DSC00256.jpg
綺麗な草原を抜けると、今日のゴールが見えてきました。
その手前2kmくらいは草食動物がたくさんいます。DSC00259.jpgこれはインパラですね。

僕は14時くらいに到着しているので、あまり動物はいませんでしたが、
17時くらいに到着したランナーは、周囲にシマウマ、インパラ、キリン、ヌーなどの群れがたくさんいたり、
目の前を横切ったりして、大興奮でゴールしてました。DSC00262.jpg
DSC00263.jpg

DSC00058.jpg
DSC00059.jpg
DSC00061.jpg

ゴール後はレンジャーの隊長さんが、レンジャーの仕事や野生の動物を説明してくれました。

素晴らしい話を聞きながら、サバンナの夜は更けていきました。
DSC00264.jpg
DSC00266.jpg
DSC00267.jpg
DSC00270.jpg
DSC00273.jpg
明日はどんなワクワクがあるのか?
楽しみでなかなか寝つけません。


http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/
http://item.rakuten.co.jp/supplement-direct/rno-0004/
http://www.supplement-direct.co.jp/item_detail/itemId,153/



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN:砂漠、南極、ジャングル、ヒマラヤなど極地を走るウルトラランナーのブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法