百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
熱中症対策
熱中症予防と治療

最近熱中症についてよく質問されるので書いてみます。

この時期ランナーはトレーニング中に1時間当たり1000ml以上の汗をかきます。
そこで熱中症予防について書きます。
当り前の事ばかりですが、もう一度読んでみてください。
特に最後は重要です。

<水分をしっかり採りましょう>

しっかりとは、目安として1時間に体重の1%位。
つまり体重50kgの人なら500ml位です。しかしそれ以上に飲むことは出来ます。
でもいくら飲んでも1時間に腸から吸収される水分量は700~1000mlが限界です。
それを越えてしまうと、全て下痢になって出てしまいます。
一旦下痢を起こすと、腸内の細菌層のバランスを崩して吸収率が極端に落ちます。
ですからくれぐれも下痢をしない程度に水分摂取しましょう。

でも考えてみれば1時間に1000ml以上汗をかくのに、700mlしかとらないと脱水になりますよね。

その通りです。

つまりランナーはトレーニング中に1時間当たり300~500ml位ずつ脱水になっていくのです。ですからトレーニングが終わっても、寝るまでの間、水分を取り続けなくてはいけません。
目安としてはトレーニングを続けた時間×500mlを3~8時間位かけて飲んでください。
体調的には正常な色のオシッコが出るまでです。


<直射日光を予防しましょう>

直射日光は肌の表面温度を上げるので、皮膚からの水分の蒸発が多くなります。
また女性はシミやしわの原因にもなるので、UV(紫外線予防)はもちろん必須です。

そのためには夏でもロングタイツ、長袖、またはアームカバーをお勧めします。

僕は1999年からスパルタスロンに参加しています。このレースは日中は40℃前後まで気温が上がり、大変暑いレースです。僕は最初の参加からすべて長袖で参加しています。
当時アームカバーやゲイターなんて洒落た物は有りませんでした。
ですから常に長袖にロングタイツで走っていました。
参加者200人以上の中で僕だけがそんな出で立ちです。
中には暑くないの?と聞いてくるランナーも居ましたが、長袖・ロングタイツは水をかけると気加熱でいつまでも涼しいのでとっても走りやすいですよ。
僕は夏場こそ長袖で走ってほしいと思っています。



<やってはいけない事>
ここは重要です。しっかり読んで理解してくださいね。

よく首筋を冷やすことで、走りやすくなると言います。
これは正しくもあり間違いでもあります。
正確に書くとこういうことです。

”首筋を冷やすことで、脳が体温上昇を感じにくくなり、そのために、走りやすくなる”です。

どういうことかと言うと。
夏場に走って体温が上昇します。
すると熱中症の初期症状、喉の渇き、多量の発汗、立ちくらみ、めまい、筋肉の攣りなどが起こります。

次に頭痛、吐き気、強い倦怠感に加えて体温が上昇してきます。

そして意識障害、全身の痙攣、38℃以上の体温上昇が起こり、それが長時間続く事で死に至ります。

つまり体温が上昇し、頭がボートしてくるのは、すでに熱中症の中等症になっています。
頭(正確には脳の視床下部)では体の異常を感知して、色々な症状を起こして、
体に熱中症の注意信号を出しているのです。

その時に、首に冷えたタオルを巻いて頭に行く血液だけを冷やせば、確かに頭(脳)は冷やされるでしょう。これは大事な熱中症治療の一つなので実行すべきです。しかしそれで頭のふらつきやボーっとした感じがなくなったからと言って、熱中症が治っているわけではありませんから、走っていいわけではありません。

つまりまだ頭以外の体幹や四肢や内臓は熱中症のままなのです。

それを頭だけ回復させて走れば、全身の熱中症は確実に悪化し、後でひどいリバウンドが来たり、より急激な熱中症に陥る可能性があります。
頭だけ冷やして、熱中症が治った気になって走り続けるのは絶対にやめましょう。

しかしどうしても、どうしてもここだけ走りは切りたい、このレースに命をかけている(本当に)場合は、この方法もありですが、少なくても今までに、僕はそんなレースには参加したことはありません。

みなさんくれぐれも無理はしないでくださいね。
095.jpg


明日は治療について書きます。


スポンサーサイト
れい
暗記しましたー(*´∇`*)
2012/08/07(火) 23:07:59 | URL | [ 編集]
あっちぃ7
勉強になりました。ほんとこの時期は、シャツ、ハーフパンツだけでなく、シューズ、ソックスまでびしょびしょですもんね。
2012/08/07(火) 23:52:50 | URL | [ 編集]
アスリートDr.K
>れいさん
無理せず暑い時は休んでくださいね。

>あっちぃ7さん
ランナーでも無いお医者さんが、自分の知識だけで語ると、医学的には間違ってなくても、ランナー的には間違った結果になる事は沢山あります。気を付けたいですね。
2012/08/09(木) 10:12:43 | URL | [ 編集]
三重子
明け方、生まれて初めて脚が攣りました!しかも両足。
前日の朝一時間程大汗をかき、夜は飲み会。
“運動で脱水?”“アルコールで脱水?”
水分は摂ったつもりでしたが追いついていなかったんですね、きっと。
勉強になりました。ありがとうございます。
2012/08/09(木) 21:25:28 | URL | [ 編集]
アスリートDr.K
>三重子さん
多分両方で脱水です。(^^;)
出来れば塩分も少し多めにとると良いですよ。


> 明け方、生まれて初めて脚が攣りました!しかも両足。
> 前日の朝一時間程大汗をかき、夜は飲み会。
> “運動で脱水?”“アルコールで脱水?”
> 水分は摂ったつもりでしたが追いついていなかったんですね、きっと。
> 勉強になりました。ありがとうございます。
2012/08/11(土) 10:49:59 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。