百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
体重変化!
この前のサハラレースの時の体重などの変化を書いておきます。
参考にどうぞ。


      10月25日(参加前)  11月10日(帰国後)
体重     69.55kg       66.85kg
体脂肪率   10.9%          9.2%
筋肉量    58.75kg       57.55kg
右腕筋肉量   3.25kg        3.10kg
右腕脂肪率   7.4%          6.8%
左腕筋肉量   3.15kg        3.00kg
左腕脂肪率   7.7%          7.1%
右足筋肉量  11.50kg       11.25kg
右足脂肪率  11.4%         10.1%
左足筋肉量  11.75kg       11.50kg
左足脂肪量  10.8%          9.5%
基礎代謝   1706           1663
骨量       3.2kg          3.1kg 

考察
走る直前、脂肪量の減少が予想されたので、通常よりも約2kg増やしてレースに臨みました。
しかし実際には走った直後は、体重は5.5kg減。
全てが脂肪ではありませんが、恐らく4kg前後の脂肪は減少しています。
計算すると毎日平均40kmを体重67kgの人が、平均時速6kmで移動すると、
そのカロリーは67×6×7(一日に平均約7時間運動)=2814kcalになります。
そこに基礎代謝の1700kcalを足すと、
一日に約4500kcal以上必要になります。
しかし一日に2200kcalしか補給しないので、差し引き2300kcalのマイナスになります。
これを脂肪量に換算すると1g=9kcalとして計算すると
毎日2300÷9≒260gの脂肪を消費する。
これが7日間で1820gの脂肪が無くなる計算です。
そこで僕は2kg体重を増やしていったのですが、ではナゼ、予定よりも3kg以上痩せてしまったのか?

ここからは仮説ですが・・・。

・脱水が進行している:時間をかけて、毎日少しずつ脱水になるので、体の中の水分が均等に失われて、脱水を補っていた可能性があります。一般に急性の脱水症は、血管内の脱水なのですが、時間をかけることで、筋肉や脂肪、皮膚や多臓器など全ての細胞の少しずつから水分を絞って脱しになっていた可能性があります。

・筋肉の崩壊:表からも分かるように、体の中の筋肉がまんべんなく小さくなっています。これは脱水も原因ですが、それ以上に、運動によって筋肉が壊れた事が原因でしょう。また筋肉のタンパク質は1g=4kcalのエネルギーにもなります。一日6~8時間の激しい運動中には、脂肪だけのエネルギーでは追いつかずに、筋肉の崩壊で、エネルギーを補った可能性があります。

これらの事から考えるに、レース中はタンパク質の量を増やす事が必要。それはサプリメントでもいいと思います。また糖質を持って行き、脂肪やたんぱく質以外のエネルギー源を毎日補う事も必要と考えます。
こうして考えて行くと、おのずと次のレースでの食事の内容も決まって来ますね。

こう言う事を考えるのも楽しみの一つです。

写真で比較
レース前069-1.jpg
レース後sahara Race 7  (15)-1
明らかにほほのコケ方、へこみ方が違います。
ワッキーのひげも違うけどね。
 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。