百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ランニングシューズの正しい選び方 重要です!
今はマラソンシーズン真っ盛り。

そのせいか、良く聞かれるのが
”シューズはどれくらい大きいのを履けばいいですか?”
と聞かれる。

ちょっと待ってね。

大きいのを履く必要はありません。

でも、みんなお店でよく言われるそうです。
”走っていると足が浮腫(ムクミ)むから、1~2cm大きめがいいですよ”と。

みなさん良く良く考えて思い出してみてください。

フルマラソンやウルトラマラソンで走っている最中に、
本当に足がむくんだ事が有りますか?
足が浮腫むのは、走り終わって翌日~数日間ではないですか?


???と思った人に、医学的に理論的にお話します。
ちょっと難しい話になりますが、つきてきてね。

まず走っている時、体の中はどうなるか。
そう脱水状態になります。
これは早さに関係なく、程度の差はあれ、ほとんどのランナーがなります。
つまり体の水分が足りない状態です。
足の浮腫みとは、足に水が溜まった状態です。
こんな感じ
a  (3)
a  (2)
a  (1)
指で押さえると、低反発クッションのように凹みます。
そして戻りません。

では”足に水が溜まるとは?”どう言う状態か。
恐らくここに誤解があります。

ほとんどの人は足の浮腫みは、血管やリンパに血液やリンパ液が滞って起こると思っています。
しかしこれが間違えの元です。
血管やリンパの流れが滞った場合の浮腫みは、一般的に女性が夕方に足が浮腫むのは、これが原因です。

しかし走った後に足が浮腫む原因は、筋肉細胞や細かな血管・神経脂肪組織などの損傷が原因です。

少し細かく説明します。
沢山走る事により、筋肉などの組織や細胞は沢山損傷します。
細かく見て行くと、細胞の一つ一つが壊れているのです。
細胞は本来、毛細血管から水分と一緒にたんぱく質やミネラルなどの栄養素を細胞内に移送し、
それによって細胞は代謝を繰り返し、エネルギーを生産して行きます。

ところが激しい運動によって、この細胞が壊れてしまいます。つまり細胞に穴が開いた状態になります。
するとどうなるでしょう。
細胞からは細胞液とともに、沢山の栄養素や水分が漏れ出します。

どこに漏れるのか?

それは細胞の外。しかし血管ではありません。
つまり血管内でも細胞内でもない、細胞壁と細胞壁の間の隙間(スペース)に漏れ出します。
この隙間の事をサードスペースと呼びます。

このサードスペースに大量の細胞液や水分が漏れ出す事によって、
激しいランニング後に、足の浮腫みが起こります。

つまり実際に走っている最中に足の浮腫みが起こる事はほとんど有りません。

要するに、女性に多い夕方の足の浮腫みとは、浮腫みが起こる原因が全く違うのです。

ではナゼ、足の指先や足の甲が痛くなるのでしょうか?
それはシューズの履き方に原因が有ります。

大きすぎるシューズを履くことで、シューズの中で足が滑って動いてしまいます。
ランニング中は足首から下は、常に前の方に体重がかかって走って(移動して)います。
当然足の大きさに合わない、大きなシューズを履いていれば、
足はシューズの中でずれて、足先がシューズの前に当たります。
これを繰り返すことで足先にマメが出来たり、血マメが出来ます。
また同じ理由で、シューズのアッパー部分に足の甲が当たるので痛みが出ます。

そして足の裏のマメは、シューズの底と皮膚やソックスがすれることで、マメが出来ます。
指先のマメは、足が動いて靴下がシューズ内でシワになる事によって、マメができやすくなります。

足が中で動けば、踏ん張りが利かずに力が入らず、坂道やここ一番でスピードが出ません。

細かい事を言えばもっと沢山障害が有るのですが、
何にせよ、大きすぎるシューズは決して良くありません。

実際に僕は足の大きさ25.8cmに対して26.5cmを履いています。
この大きさで十分です。
靴の大きさは5~10mmまでにしておきましょう。
それだけできっとシューズのフィット感が、かなり違うと思いますよ。

ぜひお試しあれ。
a  (5)
a  (4)
a  (16)


何となく分かった気がすれば、それでいいですよ。
a  (15)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。