百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ジェスパとは
ジェスパは5年ほど前に、我が家の家族になりました。
jesupa (3)


元々ジェスパは、家に来るまでに少なくとも4件以上の家をたらい回しにされていました。

当時兄弟犬のアリスが一緒でしたが、二人が一緒だとかなりやんちゃだったようで、
別々にもらわれる事になりました。
jesupa (4)


実はこんなサイトがあります。
http://dogs.satoya-boshu.net/index.php?catid=5&blogid=1

犬の里親を探すサイトです。

ここで里親の募集を見つけて応募しました。

このサイトを見てもらえば分かりますが、
みんな厳しい生活環境や苦しい生活を送られてきた犬が、
運良く一時預かりさんの家に保護され、その犬達のサイトで里親の募集をしています。
決して雑種ばかりではありません。
その理由は
・ブリーダーの崩壊による犬の破棄。(当然血統書の有るような犬達です)
・ブリーダーが用済みになった(子供が産めない、産んでも奇形や死産が多い)、売れ残り犬の破棄。
    実はこの二つが保健所にイチバン持ち込まれるケースです。
・家族の引越しに伴い、犬だけが置いて行かれた。
 信じられませんが、犬だけ置いて家族は引っ越すそうです。 あり得ませんね。
・放浪犬の保護。
 首輪がついていても家族は現れないようです。
・飼い主の病気などで飼育できなくなる。
・多頭飼いで劣悪な環境のため、飼い主を説得して引き取る。
 実はこれも多い。
・一頭飼いでも劣悪な環境のため引き取る。
 ケージがら出した事がない。
 50センチほどの鎖に何年も縛られて、散歩に行った事がない。(首が右に傾いたままになってました)
 餌を一週間に1~2回しか与えずに弱らせる。
 糞便を整理せずに、体中に付着し虫が湧いている。
 虐待する。殴る・蹴るは勿論、物を投げるつける、抱えて叩きつける、熱湯をかけるなど。
 そのため中には失目したり大火傷を負う犬もいます。
 それでも犬達は、飼い主に呼ばれると、尻尾を振って寄って行くそうです。

そうした犬達をボランティアさんが引き取り、綺麗に洗い、検診を受けて、治療を施し、時にはしつけまでして
次の飼い主に渡しています。
しかしそんなボランティアさんを騙して、犬をもっらって行くケースが、一時問題になりました。
もらってどうするのか。
みなさんおもちゃ屋さんで、とってもリアルな犬のぬいぐるみがはやった事あるのを覚えてますか?
あの毛、本物の犬の毛が使われていた時期が有るそうです。
多くは書きませんが、つまりそう言う事です。今でもあるのかな?
jesupa (5)
jesupa (6)


ジェスパもそんな見捨てられた中の一人でした。
ですから我が家に来た当初は、人に抱かれる事を嫌い、抱っこすると恐くて震ってました。
よく落とされたんでしょうね。
今では抱っこすると、いつまでも降りようとしませんが(^^)。
しかし今でも、物音にや自分に迫って来る者には、凄く臆病です。
でも今はとってもいい子ですよ。
時々隠れて悪いことしてますが・・・。
jesupa (2)



みなさん現在でも愛知県は保健所で処分される犬の数は、全国で一番多いのです。
しかも安楽死ではなりません。
狭い部屋に閉じ込められて、二酸化炭素を流し込みます。
つまり窒息死です。物凄く苦しいと思います。
安楽死に使う薬剤を買うお金がないそうです。


もしみんなの中で、犬を飼うかもしれない人は、
一匹でもいいから、そんな犬達を救ってあげませんか?
一匹10万円もするペットショップの犬も良いかもしれませんが、
死にゆく運命の犬を救うのも、決して悪い事ではないと思いますよ。

犬を飼おうかな?と思った時は、是非思い出してくださいね。
jesupa (1)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。