百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マクドナルド 1000号店
この前の名古屋ウィメンズマラソンの試走会の時に偶然見つけました。

みなさん知ってましたか?

全世界で3万2000店舗以上の店舗数を誇る、あのマクドナルドの1000号店が瑞穂区の瑞穂運動場西の交差点近くにあるマクドナルドです。
2013 1 19 (4)


何となく凄いな~と思って写真をとってみました。
2013 1 19 (5)


ちなみにこぼれ話を2~3しますと。
1960年代初め、首都ワシントンでマクドナルドのフランチャイズ権をとって営業していたオスカー・ゴールドスティン(Oscar Goldstein)が、ウィラード・スコット(Willard Scott)というクラウン(道化師)が所属するBozo's Circus(荒くれ男のサーカス)という名の出し物のスポンサーについた。この出し物が中止されると、ゴールドスティンはマクドナルドのマスコットキャラクターとしてウィラード・スコットを雇い、そのキャラクターはマクドナルドにちなんで「ロナルド・マクドナルド(Ronald McDonald)」と命名され、ウィラード・スコットはロナルド役で1963年から約2年間コマーシャルに出演した。 2011年には、550超の団体が対し、肥満の抑制のためにロナルド・マクドナルドの引退を要請している。

ロナルドは求められていた役に比べて少々太り気味だったが、このキャラクターが広告に出ることにより、マクドナルドのチェーン店は米国全土に広がった。続いてロナルド以外のキャラクターも開発されていった。

日本では販売戦略上の理由、および日本語話者には発音しづらい事から「ドナルド・マクドナルド」と呼ばれており、ドナルドのウワサや、ドナルドマジックなど、ドナルドが出演するCMが放送されている。

またアメリカでは、マクドナルドのハンバーガーが美味しいせいで、毎日食べすぎてしまい、肥満になった。
その責任をとれと、賠償を求める訴訟を起こした男性がいたが、当然敗訴しました。
またその後別の青年二人が、マックの原材料の告知されていないものに、肥満の原因がある、としてまた告訴しましたが、裁判で判事は、『もし、人がマクドナルドのスーパーサイズ商品をたくさん食べることが、健康的でなく、太ってしまうかも知れないことを知っていたら、あるいは知っているべきであるとすれば、その過食から守ってやるのは"法律"ではない』と述べ、訴訟にすらならず、門前払いだったそうです。
当り前ですね。

マックについては本当は面白い話は沢山あるのですが、またの機会に。
これだけ沢山書いといて、僕はマックは嫌いである事を思い出しました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
れい
ちなみに都市伝説ですが、中国の砂漠にマックが進出して、1日でつぶれたそうです。
2013/01/23(水) 12:32:51 | URL | [ 編集]
アスリートDr.K
>砂漠だから都市ではないかな。
でも中国ならそのいい加減さはあり得るかもね。
2013/01/23(水) 13:57:30 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。