百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ランニングと貧血 必見です。
マラソンに真剣に取り組んでいると、
必ず栄養学や生理学にぶつかる。

そしてその中の一つの課題が”貧血”である。

ランナーが貧血になりやすい分けとその予防法を書いておきます。

まずなぜ貧血になるか?
基本的には正しい食生活をしていれば、貧血にはなりません。
ただし、ランナーや他のアスリートは別です。

運動で必要な筋肉を作るために、大量のタンパク質が入ります。
通常毎日50~60gのたんぱく質を摂取していればいいのですが、
激しい運動後には100~150gのタンパク質が必要です。
例えば、お肉(ステーキ)を100g食べました。
これでOKか?

大間違いです。

お肉のうち、たんぱく質の量は20~30%です。
つまり100gのステーキを食べても20gのタンパク質しか補えません。
100gのたんぱく質を補うには、100gのステーキを5枚食べる必要があります。

勿論、他のお米や副菜からもタンパク質は補われるので、
単純に500gではありませんが、イメージはわいたと思います。

ではもしきちんとタンパク質がとれなければどうなるのか?

勿論筋肉が作られませんので、いくら練習してもパフォーマンスは上がりません。
それどころか疲労が溜まる一方で、体調を悪くします。
また免疫力が落ちるので、風邪をひきやすくなります。

ちょっと待って!貧血は何処行った?

貧血はここからです。

体は、たんぱく質が足りなくなると、自分で補おうとします。
つまりどこからか持ってくるのです。

どこから?

そうそれが血液の中の赤血球です。

赤血球を分解し、その中のたんぱく質を取り出して筋肉や免疫に回すのです。
そんな事をすれば、当然貧血になります。
こうして運動すればするほど、貧血が進みます。


よく走るとその振動で、足の裏で赤血球が壊れて貧血になると言いますが、
それはわずかな量です。
もしそれで貧血になるなら、ウルトラ走った後はみんな貧血になるハズです。
が、実際には貧血になっていません。
もちろん脱水で血液が濃くなっているせいもありますが、明らかな貧血は確認できません。


もう一つ、貧血に大切な要素、それは鉄分です。
鉄が足りなくなると鉄欠乏性貧血になります。
赤血球の中心部”核”に鉄分が必要なのです。
鉄分は採血をすれば簡単にその量を測る事が出来ます。
もちろん足りていればOKなのですが、
実はここでもう一歩踏み込んでもらいたい。

もし、お医者さんに鉄分を測ってもらったら、
その時必ず”フェリチン”を同時に測ってもらってください。
場合によっては保険に通りませんが、1000円前後で測ってくれます。

フェリチンは体の中で、鉄を貯蔵しておくタンパク質です。
これが少ないと、今は貧血でなくても、激しいトレーニングで貧血を起こしやすくなります。
今体に流れている鉄分だけでなく、貯蔵鉄もしっかりキープしてください。

最後に鉄分の摂取は野菜や生のお肉・魚が基本です。

しかしどうしても撮れない時は、お医者さんで薬をもらって来ましょう。

その時にはビタミンCも一緒に飲みましょう。

鉄分は自然界では2価鉄(Fe2+)の状態で存在します。
しかしこの状態では吸収されません。
口から摂取すると胃酸で参加され3価鉄(Fe3+)になり、
これが水溶性ビタミンCと結合することで、小腸(回腸)から吸収されます。
だからいを切除すると、鉄分の吸収が落ちて、鉄欠乏性貧血になります。

話がそれましたが、サプリメントで鉄を吸収する時は
この水溶性の鉄分になっているかどうかが重要です。

色々な鉄分のサプリメントがありますので、みなさんも試してみてくださいね。

ちなみに僕は最近”ファットバーナー”を飲んでます。
439.jpg
FF.jpg

今の所貧血にはなってないと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。