百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
低酸素テスト・トレーニング その2
さて今日は、低酸素室でのテストについて書きます。

まずはこれを見てください。MIURA (13)

これは指につけたSpO2の濃度が、グラフで示されています。

まず低酸素室に入る前は、だいたい96%前後。
息止めなどで一時的に86%まで下がっていますが、瞬間的です。

そして低酸素室に入ります。

僕は入った瞬間、喉の奥に凄く強く違和感を感じました。
でもそう言う人は稀見たいです。
ほとんどの人は何も変化がないようです。

ここで座って低酸素室の説明や高所での対処を聞きます。
実際には安静にしているので、息苦しさは全くありません。

しかしものの5分ほどで、SpO2は見るみる下がり、85%前後になっています。
それでも安静にしていれば、息苦しさは全くありません。

ここで一つ疑問を持つ人も多いでしょう。

先ほど必死に息を停め、2分以上頑張ったのに、90%までしか下がらず、
瞬間的に86%までSpO2が低下した時は、死にそうなほど苦しかったのに、
今はナゼ苦しくないのですか?

その理由は、”息苦しさは、酸素が足りなくて起こるのではない”と言う事です。
勿論、極端な低下は苦しくなりますが、半分くらいの濃度までは、苦しくなりません。

ではナゼ息苦しくなるのか?
それは二酸化炭素が体に溜まるからです。
二酸化炭素は空気中に1%も有りません。
それが呼気中には35~45%も有るのです。
これが吐き出せないと、体の中にはドンドン二酸化炭素が溜まり息苦しくなります。

しかし低圧酸素室では、呼吸は普通に出来ます。
つまり二酸化炭素は体の外に出せるのです。
酸素濃度が低くなっても、二酸化炭素が溜まらなければ苦しくなりません。

仕組みが分かった所で、踏み台昇降運動をします。
僅か5分の運動ですが、酸素が筋肉に使われるため、SpO2が急激に低下します。
75~76%にまで低下しています。
これを呼吸で戻します。
運動を続けながら深呼吸を上手にすると、SpO2も85~90%近くまで戻ってきます。

この時注意するのは体の変化です。
これは人によって違いますが、僕は口の周りが痺れてきました。
これが深呼吸によって改善します。

こうした運動負荷を何度か行いながら、如何に早く体調の変化を察知し、
SpO2を高めるかを実体験します。

そしてそれが終わると今度は睡眠です。
人は寝ている時に呼吸が浅くなります。
浅くなることでSpO2がどこまで低下するかを見ます。
ここでは実際に30分間部屋を暗くして横になります。
MIURA (7)

僕は完全には熟睡しませんでしたが、それでも徐々にSpO2は低下しています。
これがある程度で下げ止まればいいのですが、
下がり続けてSpO2が60%になるようだと、低酸素状態のため、
頭痛や吐き気を起こす事になります。

この施設では、実際に朝まで寝る事もできます。


今回の低酸素テストで、色々な事が分かりました。
僕が思っていた深呼吸よりも、より早くSpO2を回復させる深呼吸や、
低酸素での体の変化について、早めに予兆がつかめるようになったと思います。

それだけでも十分に価値が有ったかな。

もし興味のある人は是非受けてみる事をお薦めします。

最後に、今日の事を考えながら、品川駅から帰りの新幹線に乗りました。
着いたら東京でした・・・、間違えた。
同じ時間発の名古屋行きではなくて、東京行きに乗ってしまった・・・。
これも低酸素の影響か?
低酸素恐るべし、と言う事にしておこう。
恥ずかしい!



そしてもう一つ悲しいお知らせ。
今回のテストとは関係ありませんが、
保健所に持ち込まれた犬や猫がどのように処分されるか知ってますか?
これは安楽死ではなくて、
小さな小部屋に沢山の仲間と押し込められて、そこの部屋を二酸化炭素で満たすのです。
安楽死させる薬品が高くて買えないので、安い方法で処分するそうです。
今回のテストで、二酸化炭素が如何に苦しいか良く分かりました。
みなさん、生き物は大切にしましょうね。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。