百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Coast to Kosciuszko (C2K) オーストラリア その2
さていよいよスタートです。
オーストラリア最長の1ステージレース、C2K。

朝まだ日が登る前に海岸線をスタート。
2013 C2K (21)

気温は10℃ありません。かなり寒く感じます。
しかも風邪が強い。
みんな思い思いに写真を撮ったり談笑したりして過ごしています。
2013 C2K (61)


そしてあっという間にスタート時間です。
カウントダウンしてスタートです。
2013 C2K (23)


スタートして細い道を抜けるとすぐに国道に出ます。
そこで突風が吹きました。
前のランナー二人が、帽子を飛ばされて海に落としてしまいました。
2013 C2K (63)

そして200mも走るとすぐに道から森に入って行きます!?
2013 C2K (64)

なんといきなりトレイルランです。
2013 C2K (65)

2013 C2K (62)

そんなの聞いてないし・・・、と言うよりも僕が英語を理解してなかったし。
少し焦りながら走ります。

急な斜面を登り、森の中の細かなアップダウンのあるダートを進みます。
寒かった体が一気に温まります。
どこまでトレイルが続くのかな~?なんて考えて走ります。
2013 C2K (66)

僕は道も分からないので後方からゆっくり走って行きますが、
周囲のランナーは意外に早いです。
前のランナーを見失わないように必死についていきます。

4kmも走ったでしょうか。最初のエイドがあります。
水とスポーツドリンクだけの簡単なエイドですが、笑顔で応援してくれます。
2013 C2K (67)


一杯の水を飲んですぐに進みます。
2013 C2K (68)

ダートとアスファルトを交互に登りながら、山を越えて行きます。
9kmほどで次のエイドです。
ここでも水とスポーツドリンクがあり、パンを一欠片もらいました。
2013 C2K (69)

引き続き山の中を走って行きます。
周りは明るくなってきて、色々な種類の鳥が鳴いています。
空は少し曇っていますが、とても走りやすいです。

14kmまで来ました。
ここにもエイドがあります。
2013 C2K (70)

水とパンをもらって先を急ぎます。
元々50人ほどしか参加者がいないので、周りはランナーがバラケテきました。
僕はコースが分からないので、周囲のランナーを見失わないように必死についていきます。
2013 C2K (71)
2013 C2K (28)

19kmまで来るとここにもエイドがありました。
2013 C2K (72)

やっぱり水とスポーツドリンクだけですが、暖かく応援してくれます。
ここからは山を下って行きます。
2013 C2K (73)

途中でサポートスタッフに抜かれました。

この大会はサポートスタッフの参加が義務付けられていますが、
最初の25kmは山道のため、サポートを受けられません。

山を下るといきなり大きな牧場に出ました。
見渡す限り緑の草原です。朝日に照らされて緑がキラキラと輝いています。
2013 C2K (74)

馬や牛もいます。
2013 C2K (75)


その牧場の中を進んで行くと25km、最初のサポートポイントです。
みんなここで最初のサポートを受けます。
2013 C2K (24)

とわ言っても、どのランナーもまだみんな元気なので、
軽く食事をとったり、水分をとるだけで、足早に通り過ぎて行きます。
僕もフルーツと水分をとって先に進みます。
2013 C2K (76)

僕はサポートスタッフに4km毎に待機してもらうようにお願いしました。
サポートスタッフはここから先ゴールまで一緒に行動します。
2013 C2K (25)

僕のサポーターはアリソン(Alison)、ヘレン(Hellen)、と日本人の3人です。
2013C2K.jpg

アリソンはこの大会を6回も完走したつわもの43歳、ヘレンはこの大会を3回サポートしている
ベテランサポーターです。二人ともコースの事は熟知しているので、凄く心強いです。
まだまだ先は長いの元気に前に進みます。
2013 C2K (29)
2013 C2K (30)



マラソン
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。