百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Coast to Kosciuszko (C2K) オーストラリア その5
夜が明けてきました
凍えるくらい寒かった朝の空気が、朝日が当たった所から一気に暖かくなっていきます。
2013 C2K (101)

眠気も覚めてきました。


162kmも出来ました。
車からアリソンが下りてきました。
2013 C2K (99)

一緒に走ると言ってくれます。
実はここから先は平均斜度6.4%。途中10%くらいの急な斜面・・・じゃない坂が4kmほど続きます。
ここはトップの選手でも必ず歩くそうです。
2013 C2K (100)


見えてきました。
確かに凄い坂です。
こんな坂、絶対に歩行者や自転車の事を考えて作っているとは思えません。
実際に近くには建物も無いので、歩いてここを進む人はいない事が前提の道ですね。
流石に10mと続けて走れません。全て歩きます。

頂上は気持ちいいです。
2013 C2K (102)

やっとの思いで登り切り一息つこうとしたら
”Don't Stop”とヘレンから一言。
このままだと明るいうちにゴールできないから、と。
しっかり食べてしっかり走れ、と言われるが、
”いらない、食べたくない”
と言っても
”Must Eat、Must drink”と言って譲りません。
隣でアリソンがそれを聞いて、また言われてる、と笑っています。
2013 C2K (51)


厳しいな~と思いながらも、フルーツだけ頂いて先を急ぎます。

ゆる~く坂を下って行くと、大きな湖が見えます。
ジンダビン”Lake Jindabyne"です。
2013 C2K (103)


ここは湖の周囲の公園やキャンプ場を抜けて行きます。
2013 C2K (104)
2013 C2K (105)

が、危うく道をロストしそうになった所で、アリソンが迎えに来てくれました。
アブナイ、あぶない。

さてここから42kmほとんど上りが続きます。
気合いを入れなおして頑張って登ります。

景色は最高に素晴らしいです。
日本では勿論、世界のどの大会でも観る事が出来ない、綺麗な景色です。
この景色を見るだけでも、このレースに参加する価値があると思います。
2013 C2K (108)
2013 C2K (107)
2013 C2K (43)
2013 C2K (44)
2013 C2K (46)


あと18kmでラストのトレイルロード20kmの入り口です。
時間は15時30分。
ここでアリソンが近寄って、何やら話しにくそうに話して来る。
2013 C2K (110)

よく聞いてみると、
”先ほど本部から連絡が入り、16時30分を越えたらトレイルには入らないで、220kmをゴールとする”
と言っている。
何でも一昨日降った20cmの雪が、昼間の暖かさで溶けだしているが、日が傾くと、溶けた雪が凍ってアイスバーンになり、滑落の危険があるので、山頂までは登れない様だ。
雪が無くても20kmで4時間はかかる道のり。
ゆえに16時30分までしか、入山させないようだ。
2013 C2K (50)


再度時間を見る。
15時40分。残り50分で約17km。
ショック、絶対無理。間に合わない。

しばし考えたが、頑張って走ればもしかしたら走らせてもらえるかもしれない、と思い、必死に坂道を登る。
2013 C2K (47)
2013 C2K (48)

しかし再度連絡が入り、残り20kmは走れないと言われる。



少し気持ちが切れかけるが、サポーターが必死に応援してくれる。
そして時々ゴールしたランナーとサポーターが戻って行きながら声をかけてくれる。
最後までヘレンは声をかけてくれる。
2013 C2K (53)


最後まで頑張って走らないと・・・、もう一度気持ちを入れて走りだす。
日が沈みだすがゴールまで残り10km。
2013 C2K (54)
2013 C2K (113)
2013 C2K (109)

Smiggins、Perisherといった小さな町を通って行きます。
2013 C2K (49)
2013 C2K (52)
2013 C2K (111)
2013 C2K (112)
2013 C2K (114)


あと少し。
2013 C2K (115)


嬉しさと、寂しさと、安堵が一度に襲ってくる。
なんとも不思議な感覚です。

残り1km、残り500m、歓声が聞こえてくる。

ゴールが見えた。
丁度日が沈みかけている光の向こうにゴールテープが見えます。
2013 C2K (116)
2013 C2K (55)

そしてゴール。

ポールさんが駆け寄ってくれてハグします。
2013 C2K (56)
2013 C2K (57)

そしてゴールテープをかけてくれます。
2013 C2K (58)
2013 C2K (59)
2013 C2K (118)

あと少し頑張って走っていれば、あと20km走れた思いはありますが、
僕から後ろ20人が、ここで打ち切られてしまいました。

でもやっぱり嬉しい(^^)。
2013 C2K (60)


サポーターの3人には本当に感謝です。
ありがとう。

ここから宿泊所まで約30km戻りながら、他のランナーを応援します。

宿泊所に到着。
今日はゆっくり眠ります。




スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。