百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
犬の貧血 治療
何度かこのブログでも書きましたが、
うちの愛犬のジェスパ(パピヨン)が、昨年の夏に
強度の貧血で生死をさまよっていました。

その後色々な方(犬)の助けが有って、今は元気に復活しつつあります。

その経過を簡単にまとめて置きますので、もし同じような症状が出た人は
参考にしてみてください。
2014 05 02



まず昨年の6月に予防接種。
恐らくその副作用で、急激に肝機能が悪化。
データーの比較です。
   3月     7月1日   7月10日    
GOT 24      119     67 
GPT 103     318    100

肝炎は治療が始まってすぐに、症状は落ち着いてきたので安心していたのですが、
しかしその治療が始まってすぐに貧血が始まっていたのです。
僕はそれに気がつかずに治療が遅れました。
せめて8月初めにもう一度採血していれば、こんな結果にはならなかったと思います。

8月の半ばから、ジェスパはシンドそうに横になって息が上がっている事が多くなりました。
9月に入りほとんど横になり、食事も食べずに、立つことすらできませんでした。
僕は夏バテだと思ってました。
そこで点滴と流動食で様子を見ていました。
しかし違ったのです。

9月8日、友人が家に遊びに来た時に、ジェスパの舌を見て”ベロが白いよ”と言ったのです。

ドキッとしました。

確かに白い、”貧血だ”ととっさに思い、すぐに病院に連れて行きました。

そしてその結果に愕然としました。
それがこれです。


貧血の指標はHb(ヘモグロビン)とRBC(赤血球)の数で見ます。

                 7月10日  9月8日  9月11日  
RBC(正常値550~1000)   541    146   98    
Hb(正常値8~18)       13.6    3.2  2.6  

ホントにビックリしました。
同時に涙が出ました。
どうしてこんな簡単な事に気がつかなかったのだろう。
8月に採血していれば、こんなに苦しい思いはさせずに済んだのに。
通常の5分の1以下しか赤血球がありません。

8日の獣医に説明では、”骨髄性の貧血か自己免疫疾患”
つまり骨髄で赤血球が作られていないか、自己免疫の過剰反応で、免疫細胞が赤血球を壊しているかどちらかではないか?とのことでした。
治療はステロイドの投与しかない。
もし免疫異常の事を考えて、もしかしたら免疫抑制剤の投与も効果があるかも知れない?とのこと。

ステロイドの投与は、早ければ4~5日で効果が期待できるとのことで、
8日からステロイドの経口投与を開始しました。

その間天白区にある、動物高度医療センターにも行きましたが、結果は同じでした。
治療はステロイドと免疫抑制剤。
もし診断を確定させたいなら、全身麻酔下に骨髄生検しかない、とのこと。
しかしこんな状態で全身麻酔をかければ、99%死んでしまします。
しかも診断が確定しても、治療はステロイド投与のみ。
もし骨髄の癌だったら、抗がん剤の投与も出来るけど・・・。
と、言われましたが、どちらにしても、今の状態では抗がん剤も無理。
そんな提案、しないでほしいですね。
しかし免疫抑制剤はすぐには処方できない(在庫が無いため)状況のまま帰ってきました。

9日、10日と内服で様子を見ましたが改善しません。
それどころか症状は悪化する一方です。


我慢できずに11日に病院に行き、採血すると上記のような結果。
通常の10分の1しか、血液が有りません。

獣医には”治療が無い ”ので、諦めるように言われましたが、こんなことで諦めるわけにはいきません。
輸血を僕から提案しました。
そうしたら、”献血してくれる犬が居るならしてもいい”とのこと。

僕はジェスパの里親のボランティアさんにすぐに電話して、献血してくれる犬に連絡をとってもらいました。

待つ事40分。
ラブラドールとボーダーコリーを連れて来てくれました。

本当に嬉しかったです。
涙が出ました。

すぐに輸血できるか、適合性をチェック。
2匹とも大丈夫だったので、そのうちの一匹から血液を100ml献血して頂きました。

その日は病院に泊まりました。

続きはまた明日。
心配で眠れません。    


スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。