百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
さくら道国際ネイチャーラン 
今回さくら道国際ネイチャーランの応援で、朝の名古屋城から金沢の兼六園まで車で
ランナーを応援しながら走りました。

その時に僕が感じた大会の問題点や多くの関係者らと話し合った改善すべき点、について
幾つか書いてみます。

まず、この大会が本当に”国際”大会であるかどうかです。

ただ外国人の参加あれば交際大会なのか?
僕はそうではないと思っています。
理由は
・外国人に向けた、ホームページの記載が無い。
 僕は多くの海外の大会に参加していますが、どこの国の大会でも、必ずホームページに英語や
 他の言語の表記があります。しかしさくら道にはそれが有りません。

・ルール説明
 外国人に向けた細かいルール説明がありません。そのために毎回大会中に外国人からのクレームがあります。
 どこの大会でも行っているように、英語表記の細かいルール説明を、事前に何度か選手に郵送したり、メールする必要 があると思います。実際に僕が良く行く砂漠の大会でも、毎月のようにルールに関するメールがしつこく届きます。

・外国人だけ受け入れ態勢やサポート体制が違う
 今回強く不公平感を感じた事は、外国人ランナーは途中でリタイヤしても、シャワーも浴びれず、バスの中で一昼夜を 過ごした事です。寒い中、汗をかいた濡れたままのウェアーでバスの中でみんな凍えていました。
 どうしてこうなったのか? 
 それは日本人選手にはリタイヤ選手用に宿がキープしてありますが、外国人選手用には宿がキープしていないからで  す。なぜ外国人選手を、日本人選手と同じように扱えないのでしょうか?それについては後述します。

・外交人選手のレベルが低い
 今回もそうですが外国人選手18人のうち7人しか完走していません。完走率は39%です。外国人選手はリタイヤし ても良く年も申し込む事が出来ます。日本人選手とは参加基準が違うのです。世界の大会で参加基準が違う(外国人に 甘い)大会は、僕が知る限りはありません。

・外国人選手の事前情報が徹底されていない
 今回僕が応援していたオーストラリア人のランナーは、3人中2人がベジタリアンです。外国の大会では、エイドのベ ジタリアン用のコーナーがある大会は沢山ありますが、日本では一般的ではありません。そのため今回もオーストラリ アのランナーは、エイドの食べ物にかなり苦戦していました。しかしこうした情報は、少なくとも大会の外国人の世話 役には伝わっています。しかしそこから他のスタッフへの伝達が全くないため、こうしたランナーにはかなり不利な設 定になってしまします。国際大会を名乗るなら、しっかりと他の大会の様子も視察したり、沢山の情報や実際に走って いるらランナーの意見は、出来るだけ多く取り入れるべきだと思います。

・この大会の開催は歓迎されている?
 多くの関係者の意見の中に、”温度差”と言う言葉が多く聞かれました。
 以前白鳥町だけで開催されていた時は、街の職員も比較的協力的だったのですが、市町村合併で白鳥町が郡上市に編入 されたことで、市の職員で大会への参加・協力を希望しない職員が多くいる事を聞きました。大会存続については、市 役所内でもよく検討してもらい、大会開催に難色があるのならば、白鳥町と民間企業での開催の視野に入れても良いと 思います。



 先にも述べましたが、外国人ランナーに対して、開催母体である郡上市が、積極的に関与せず、外国人のお世話を一人の人にまかせっきりにして居る事が、今回の外国人ランナーの多くの問題の発端になってます。

外国人リタイヤランナーの宿泊が無かったり、ランナーの家族がランナーに並走して応援出来るものと思ってついてきてしまったり、韓国のウルトラランナー協会の会長がアポなしで参加したり、過去には宿泊先で提供された料理がまずいからと言って、お金を支払わなかったり、数え上げればきりがないをどの問題が発生しています。
こうした問題を解決しながら、今後もさくら道国際ネイチャーランが、
本当の意味での国際大会になる事を節に臨みます。


さくら道22014年 (1)
さくら道22014年 (2)
さくら道22014年 (3)
さくら道22014年 (4)
さくら道22014年 (5)
さくら道22014年 (6)
さくら道22014年 (7)
さくら道2014 (270)


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。