百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
犬の貧血 治療 その2
前の晩はドキドキで眠れませんでした。

輸血でショックを起こしていたらどうしよう。
副作用で状態が悪化したらどうしよう。

色々考えながら病院に向かいました。


病院に着くと・・・、元気になってました。
立ちあがって歩いています。

涙が出ました。

Hb(ヘモグロビン)も7.8、赤血球数も335万まで回復。
本人も楽になったのでしょう。
表情も良くなり嬉しそうです。

家に帰って早速ステロイドと免疫抑制剤を投与開始です。

ステロイドは体重1kgあたり2mg。ジェスパの場合は体重4kgなので8mg。
これは薬が1%なので、薬の量では0.8g(800mg)です。
また免疫抑制剤(シクロスポリン)は体重当たり0.1ml。
ジェスパは0.4mlを混ぜて空腹時に与えます。
僕は少量(0.5ml)のお湯とハチミツ0.5mlに上記の2種類の薬を混ぜて投与を開始しました。
もしこれが効果が無ければ、一生輸血が必要になります。
しかし輸血は、回数を重ねると副作用が出やすくなるので、3回くらいが限界でしょう。
薬が効果が出るのは、早ければ1カ月くらい、3カ月以内に効果が出るのは70%以下。
つまり30%異常は効果が無い事になります。

イチかバチかのような治療ですが、今はこれにかけるしかありません。

ジェスパの貧血の推移です。

         Hb(ヘモグロビン)  RBC(赤血球数)
9月11日      2.6        96      100ml全血輸血
9月14日      7.8       335
9月19日      7.7       290
9月26日      5.4       213      100ml全血輸血

僅か12日でHbが2.4、赤血球が122万下がりました。
一日あたりHbが0.2、赤血球が10万ずつ下がる計算になります。
かなりの重症です。

今度は前回のように歩けなくなる前に輸血をしました。
また大きなワンちゃんが助けてくれました。
この子はローデシアン・リッジバックです。
ライオン狩りに使用された犬です。

ライオンは狩れなくてもいいから、元気になってほしいです。

今回は家に連れて帰り、家で輸血しました。つきっきりで4時間かかりました。
でも少し元気になりました。

その後の血液検査の推移です。


         Hb(ヘモグロビン)  RBC(赤血球数)

10月13日     7.4        295
10月26日     5.9        250
10月31日     5.4        229    全血輸血 100ml

10月13日~31日まで18日間で、Hbは2.0下がり、RBCは66万下がりました。
一日当たりHb約0.1以下、RBCは3.7万下がります。

でも1カ月前と比べると、格段に下がるスピードが遅くなってます。
薬が効き始めているようです。

今回も自宅で輸血しました。
しかし3回目の輸血で、今回はジェスパの顔がかなり浮腫み、体が痒いのが、しきりに
カーペットに体や足の裏を擦りつけています。

辛いけど頑張ってね。

これを見ていると、輸血も今回が限界のように思えます。

何とか薬が効く事を祈ります。

その後の経過です。

         Hb(ヘモグロビン)  RBC(赤血球数)
11月21日     9.3        371      輸血から3週経ちましたが減ってないかな?
 1月11日     7.3        279      
この51日間でHbが2.0、RBCが92万下がりました。
一日当たりHb0.04以下、RBCが1.8万の低下にとどまっています。
明らかに薬の効果が出てきました。
何とかこのまま耐えてほしいです。

3月22日ドキドキで検診へ。
もしHbが6.0を切っていたら輸血が必要ですが、
重篤な副作用を起こす可能性が大です。
何とか輸血は避けたい。

検査の結果
Hb  9.5     RBC 404万

上がった、数値が上がりました!!

治療を初めて6カ月、初めて数値が上向きました。

また泣けてきました。

薬は続けているので、病気が治った訳ではありませんが、
とにかく明らかに治癒に向かっています。

本当に本当に良かった。
嬉しくて泣けてきたのは久しぶりです。

薬の量を減らすことしました。
ステロイドの影響と食欲が戻った影響で、
体重は最悪時の3.7kgから5.4kgに増えてます。
明らかに体が重そうです。

ステロイドは800mg→500mgにその後4月後半から300mgに減らしています。
シクロスポリンは0.3mlに減らしました。

まだまだ予断は許しませんが、本当に良かったです。

去年の9月に、獣医さんからは諦めるように言われたけど、
出来る限りの事をしてみて本当に良かったです。

非常に珍しい病気なので治療法は確立されていないし、
獣医さんでも見た事や知らない人も沢山いるびょうきです。
僕も手探りでの治療でしたが、本当に良かったです。


もし同じような病気で悩んでいる人(犬)が居たら、
少しでもこのブログが参考になるといいなと思って、
出来るだけ詳しくかきました。

みんなのお陰でジェスパは今でも生きています。

本当にありがとうございました。
感謝、感謝です。
2014 05 09





スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。