百花繚☆RUN
世界のまだ見た事のない綺麗な景色や、誰も経験したことのないRUNの世界を経験したくて、今世界中を走っています。

プロフィール

アスリートDr.K

Author:アスリートDr.K
名古屋のランニングチーム 
”百花繚☆RUN” 代表。

職業:医師

忙しい仕事の合間を縫ってランニングしています。
日本国内はもとより、ギリシャ、韓国、カナダ、アメリカ、南アフリカ、フィンランドなど世界各国のマラソン大会に参加しています。今後も世界中の大会に参加予定です。

記録
◎100kmベスト:8時間50分
◎フルマラソンベスト:3時間12分
◎ハーフマラソンベスト:1時間26分
◎24時完走ベスト:203キロ
◎スパルタスロン(246km):6回完走
◎さくら道国際ネイチャーラン(250km):6回完走
◎コムラッズマラソン(南アフリカ):1回完走
◎バッドウォーター(217km):1回完走
◎済州島200kmウルトラマラソン:1回完走
◎ゴビ砂漠250km7日間 完走
◎サハラ砂漠250km7日間 完走
◎アタカマ砂漠250km7日間 完走
◎アイスランド250km 7日間 完走
◎Coast to Kosciuszko(C2K)240km38時間 
 アジア人初完走(オーストラリア)
◎南極マラソン 完走(日本人1位)
◎ブラジル・ジャングルマラソン 253km
など、200km以上のウルトラマラソンに22回完走。

今年はナミビアのナミブ砂漠250kmに挑戦します。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

マラソン (525)
犬 (29)
美容 (6)
ダイエット (7)
花・植物 (185)
その他 (146)
グルメ (136)
ボディーケア (10)
アート (30)
自転車・バイク (0)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
南極マラソン紀行 1
みなさん、明けましておめでとうございます。

昨年夏ごろより、身の周りが大変忙しく、またゴタついていたため、しばらくブログを休止していました。

また今年から時間の許す限り、続けて行きますので、お暇な時にでも、除いてくださいね。

さて今回は南極紀行。
昨年11月に、ついに南極を走って来ました。
目標だった100マイルは走れたのか?

ユックリ話して行きたいと思います。

まずは、南極に行くには、アルゼンチンの最南端の港町、ウシュアイア(Ushuaia)に行きます。
その途中、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイにもよりましたが、
それは追々書いて行きます。

いつものようにウシュアイアの町で大会のレース前のブリーフィングを行います。
南極船 (27)
南極船 (26)

その後港からみんなで荷物を持って、船に乗り込みます。
南極船 (29)
南極船 (28)
南極船 (30)
南極船 (31)
南極船 (32)
南極船 (7)
南極船 (8)
港からはウシュアイアの町が、とっても綺麗に見えます。

船は基本的には二人で一室。
僕は友人の新留さん(薩摩ホーム社長)と同室でした。
南極船 (36)

僕たちの部屋は特別に広く、快適な空間でした。
南極船 (9)
ロビーはみんなが集まる場所です。
南極船 (10)

船に乗り込んでしばらくすると、ゆっくりと出航しました。
これから60時間の船旅です。
外海にでるまでは、海峡を進んで行きます。
周囲は綺麗な山々が見えます。
南極船 (33)
南極船 (34)
南極船 (35)
南極船 (37)
南極船 (38)
南極船 (39)

船はそんなに大きくありません。
南極に向かうお客120人と船員30名ほどです。

船に乗るとまずは救急非難訓練があります。
みんなライフジャケットをつけて、救命ボートまで行きます。
南極船 (12)
南極船 (1)
南極船 (4)

ボートには乗りませんが、中はこんな感じでかなり狭いですが、60人も乗る事が出来ます。
南極船 (2)

しばらく船の中を探索していました。
南極船 (3)
南極船 (5)
南極船 (6)

ゾディアックです。これに載って南極に上陸します。
南極船 (5)

操舵室を見せてくれました。
中は見た事のない計器類が並んでいて、船の最上階にあるので外の景色もよく見えました。
南極船 (18)
南極船 (20)
南極船 (21)
南極船 (22)


実際に操舵する椅子にも座らせてもらいました。
南極船 (17)

とっても眺めが良いですね。
ここから外海に出ます。
南極船 (11)

夕方になりました。船で迎える最初の夜です。
南極船 (41)
南極船 (42)
しばらくはこの船で寝泊まりします。

その夜に荷物チェックが有りました。
南極船(48)
大量の必需品が有ります。南極は荷物がかさ張るので大変です。


外海に出ると海は大荒れです。
ここから南極まではドレーク海峡を渡りますが、
この海峡は、世界で一番荒れる海と言われています。
南極船 (43)
南極船 (23)


実際に南極に着くまでの50時間以上は、寝ている船のベットから落ちるほど、
船は揺れます。
アメリカとドイツでしか販売されていない、強力な船酔いの薬を張りますが、途中で切れてしまい、
かなりつらい思いをしました。

食事は毎食フランス料理です。
前菜、スープ、メインディッシュ、コーヒーやジュースはおかわり自由。
南極船 (13)
南極船 (14)
南極船 (15)
海が荒れているので、コーヒーやスープはひっくり返る事が有ります。
そんな時は手で押さえながら食事をします。

そんなに揺れる船の中で、食事の給仕をしてくれるウェイトレスやウェイターさんは
見事なバランス感覚で、食事を絶対にこぼすことなく、席まで運んでくれます。
素晴らしいバランス感覚です。

そんな船ですので、途中船酔いで2回、夕食をパスしました。


60時間かけて、ようなく南極に到着です。
ここが南極大陸の入り口です。南極船 (24)

ここまで来ると船の揺れは落ち着きます。
南極船 (44)
周囲には切り立った岩山と雪と氷が見えます。南極船 (45)
南極船 (47)
南極船 (46)

さていよいよあしたからレースが始まります。

頑張ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 百花繚☆RUN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。